▪️《健全な自我》で癒しを受け取る

woman-927935_640

「数年前には、こんな形で癒しを受け取れる自分ではなかった。」という声を、主催しているグループワークで度々聞くことがある。

つまり、過去に同じような課題が浮き上がり、それをセラピストに指摘されたことがあるけれど、当時は理解できず、認められず、その場で、起こり得るはずの癒しが、自我の抵抗によって拒絶され、むしろ傷ついてしまったという事例だ。

その人たちの現在の輝きを知っている周囲は「まさか!?」という顔で、そんな話を聞くのだけれど、そんなことを余裕を持って話すことができる人たちは、やはり輝いているし、美しいなと感じる。

そんな風に語ることができるとき、その人たちは、自分の成長を確認してさらに自分を愛おしく感じられるし、そんな体験があるからこそ、他人にもきっと優しくあれるのだと思う。

毎回感じることだけれど、人の成長のプロセスを見せてもらうことは、私にとっても、グループ全体にとっても、とてもありがたいことだ。

こんな風に、過去には受け取れなかった気づきと癒しを、このワークで受け取ることができたという事例が、これまでたくさん報告されてきた。

これらの報告でも証明されているが、この2年間提供してきたインナーチャイルドワークの効用の一つは、《癒しを受け取る土台が作られる》ことにある。

それが起こるのも当然で、私たちは、決して自我を悪者にしないことが、その主な理由だ。

私たちは、自我を否定して、説教やアドバイスをすることはないし、むしろ、自我と友人になる。

自我に寄り添い、その奥の真実にそっと触れる。

肉体を超えた魂に到達するために、肉体を否定し、禁欲してきた流派はたくさんあるのだろう。

だけれども、OSHOは、肉体を否定することなく、むしろ、肉体に飛び込んでいくやり方を徹底た。

自我を越えるために、自我を否定している時、私たちは、やはり、自我に絡め取られてしまう。

コースの最初に、明確に伝えることがある。

それは「インナーチャイルドワークは、自我のワークである。」ということだ。

日本人は、自我のワークがあまり好きではないのかもしれない。

自我のワークは、日本人には強烈すぎると聞くこともある。

それでも、ここまでの結果が報告されていることを思えば、もしかしたら、時代も人も少しずつ変化してきたのかもしれないとも思う。

自我の弱い日本人にこそ、自我のワークが必要だということは明らかだ。

私たちは、ワークを通して、徹底して、自我と関わる方法を習得する。

ありとあらゆる自分自身の防衛に、怯むことなく向かい合っていく。

怯んでいるときは、仲間がサポートしてくれる。

時には、怯んだっていいんだという励ましすらある。

怯んで抵抗したって、それすら許されるわけだ。

もう、全てが、OKなのだから、抵抗のしようがない。

そして、自我は、ゆっくりと、その硬い扉を開く。

私たちのワークの目的は、ここにこそある。

一度、扉が開いたら、ワークの役目は終了すると言っても過言ではない。

錆び付いた扉を開くことのできる自我でありさえすれば、その内側の光との出会いは、自動操縦で生じていく。

IMG_20180131_201311

香港のホテルでご機嫌中❤️

私たちは、この扉を開くことのできる自我を、《健全な自我》と呼ぶ。

《健全な自我》とは、《本当の自分=自己》へ到達するための大切な通過点だ。

《健全な自我》が構築された時、その扉の内側の光に助けられて、癒しは、その後も、ありとあらゆる形で受け取られていくのだ。

つづく

Pranava Life
川村イーシャ

 

 

3/12(月)愛と豊かさの本質を取り戻すセッション@横浜市栄区(JR根岸線本郷台)

180127_top3
インナーチャイルドグループコースは、4月開講クラス(国分寺・横浜)より、ハートエデュケーション・コース1(ハートエデュケーション基礎)へと講座名が変わります。テキストや内容に大幅な変更はありません。これまでインナーチャイルドコース(グループ&個人)を受講された方々の単位も継続して保有されます。ハートエデュケーションの詳細については、新設Webサイトの発表をお待ちください。

【第5期国分寺】ハートエデュケーション・コース1真実のパートナーとは〜内なる出会いと統合〜

180127_Kokubunji

【第6期横浜】ハートエデュケーション・コース1内なるパワースポットの目覚め 〜愛と喜びと豊かさの源泉へ

180127_Yokohama

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

taiken

sunset-2103130_640

全てオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

Zoomclass

taiken