ヘンゼルとグレーテル・その1〜不在の父性と肥大化した母性

forest-1967253_1280

 

誰もが知っている有名な童話、ヘンゼルとグレーテルについての河合隼雄氏の解説は、素晴らしい。

以下、氏の解説を参考にしながら、インナーチャイルドや父性や母性のエネルギーについて、書いてみたいと思う。

おとぎ話が、単なる物語ではなくて、人の心の元型について語られているというのは、最近ではよく知られている事実かもしれない。

日本では、まさに河合隼雄氏がそのことの研究を深め、世に伝えた第一人者だと言える。

氏の残したたくさんの著書は、偉大な宝だ。

そして、このヘンゼルとグレーテルという物語の中で語られていることは、インナーチャイルドの世界とも深く関係があることで、典型的な夫婦のパターン、親子のパターンであることが、氏の解説から鮮明に浮かび上がってくる。

これまで、多くの男性たちは家庭の中で不在であった。

イクメンという言葉が出始め、また、男性たちが古臭い男性像を卒業し始めてから、少しずつ、男性は家庭の中に姿を現し始めているのかもしれない。

だけど、長い間、男性たちは、やはり、家の中に不在であった。

それは、物理的に、精神的にという両方の側面があるが、状況としてより複雑な事態を引き起こすのは、精神的に不在である場合だろう。

目の前に父親がいないという物理的な不在は、理性で受け止めることができる。

「父はいない」というシンプルな事実だ。

そこに、「父はいない、だから、父に愛されていない」という余計な思い込みが、必ず発生するわけではない(もちろん、発生することもある。)。

だけども、物理的には目の前に存在するが、その父親は、精神的には家庭の中におらず、実体がない・・・という場合、むしろ、子どもたちは混乱してしまう。

「父はいるが、私は無視されている、つまり、私は愛されてない」という思い込みは、むしろ、精神的に不在の場合に生じやすいと言える。

では、どうして、男性たちはこんなにも「不在」だったんだろう。

現代においても、男性たちがとても生きづらいというのは明らかな事実だ。

戦争や狩りで戦って勝利し、命からがら戦利品を家に持って帰り、家族を養わなければならなかったのは、いつの時代も変わらないのだろう。

サラリーマンと呼ばれる男性たちだって、毎日満員電車に揺られて、企業戦士として戦って、その戦利品という給与で、妻と子を養っているのだ。

どれだけ傷ついても、どれだけ誰かを傷つけても、そんなことは気にしてはいられない。

男性たちの多くは、戦争でも、仕事でも、自分の感覚を麻痺させながら、なるべくその痛みや苦しみを感じないようにして、戦いを乗り越えてきたのだろう。

今でも、感情を扱うワークに、男性が参加することは非常に珍しいという事実は、残念だけれど、このことを如実に示していると思う。

ところで、「戦争」と一言で語るとき、そこには、どんな一人の男の人生があったのか、また、その妻や子どもたちにはどんなことが起こっていたのか、簡単には推測ができない。

「戦争は辛かった」「二度と起こしてはいけない」と誰もが語っているけれど、戦争の被害が今このときも、まさに、この高層ビルが立ち並び、数分に1本の電車がやってくるこの現代でも、ありありと存在していることを、ほとんどの人が知らない。

だけれども、家族の座(ファミリーコンステレーション)という家族療法を体験すると、そのことは、明確に理解できる。

戦争は、一人の男の人生を壊し、家族の人生も汚染していった。

つまり、日本人の命は、戦争によって、目に見えない形で二度目、三度目の破壊を受けた。

これは、何も第二次世界大戦ではなくて、それ以前のすべての戦争も含むだろう。

戦争だけじゃない。

飢饉や地震など、その時代、その時代においての様々な不幸が、一人の人間の人生に多大な影響を与え、それによって家族が犠牲になり、それが無意識に家系にゆずりわたされてきたのだ。

最近の研究によって、恐れの感情が遺伝することが、マウスの実験でわかったのだという。

このようにして、様々な不幸が世代で生じ、そのときの感情が未解決の場合、下の世代に譲り渡されてしまうのだ。

そして、それは、完全なる無意識の状態で起こっている。

いつも、ここが問題だ。

それは、意識的ではなくて、無意識的に生じているのだ。

さて、その大きな犠牲となった男たちだけれど、なんとかかんとか家庭を守ろうとしてきた。

そうして、無感覚になったり、恐怖の抑圧のために、暴力的になったりして、妻や子どもたちは、この犠牲者である男によって、また犠牲者となった。

つまり、それらは、男性たちの愛によって生じてしまった。

それは、間違った形の愛だったかもしれないけれど。

そんな無意識の負の連鎖が続く中でも、やはり希望はあった。

無意識の影響をなんとか最小限に食い止めてきた家系に生まれたのか、いや、むしろ、家系のカルマとは無関係に、神が天使たちを遣わしたのか、意識的な新しい世代たちが、新しい生き方を提案し始めたのは、ほんの最近のことだろう。

持続可能社会を目指して、声をあげる若者たち。

仕事をすぐに辞めると言われる若い世代だけれど、それも、当然の流れなのかもしれない。

無感覚で、支配的で、暴力的な男性であることは、全くクールではない、一つの会社に縛られて、自分を麻痺させて無気力で生きていくのは、自分たちにとって全くハッピーではないと、男性たちが気がつきはじめている。

こうして、男性たちは、少しずつ本当の自分の感覚を取り戻しながら、不在という立場を離れ、家庭に戻りつつあるのだろう。

だが、それも、まだ、全体でみれば、少数派なのかもしれない。

多くの場合、男性たちはまだ物理的、精神的に家庭に「不在」で、それ以外の家族たちは、そのバランスを取ろうとして生きている。

いや、このことを語ろうとすると、むしろ男性の「不在」そのものも、何かのバランスを取っているのだと言える。

それは、何だろうか。

男性不在というエネルギー欠如の隣にあって、完全な状態で、それを維持しバランスしているのは、肥大化した母性だ。

生み出し、飲み込む、生と死を司るグレートマザーという心理の元型がそれだ。

女こそが、生命の源で、男も女も、女から生まれるという生命の原理に従えば、不在の男性よりも前に、この肥大化した母性という脅威があったのだと言える。

息子の力を飲み込み、ないものにしてきたからこそ、男性の不在が生じてきたのだ。

そして、今も昔も、女性たちは、無意識的に、このグレートマザーに足元をどっぷり囚われてる。

つづく

Pranava Life
川村イーシャ

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

東村山クラス以外は、オープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

Zoomclass

green-tea-2356770_1280

taiken