不定形発達育児期6:発達障害の治療

この記事は、私の他のブログ記事と違って、思ったことを徒然に書いているので、時間軸もバラバラだし、当時の感情と事実と考察が、入り混じっているけれど、私にとっても発達障害の全容は未知であって、少しずつ記憶に光を当てながら書いていることをご理解いただきたいと思う。

結局これは、私たち夫婦と娘の辿った道なので、全ての人に当てはまるわけじゃないと思っている。

前にも書いたけれど、私たち夫婦は、現代医学が言うように、発達障害を障害だと一部捉えているが、治療法がないという部分には賛成しておらず、それは、治る、改善すると信じている。

そして、そうなった時、発達障害の人たちが持つ特徴は輝く個性に変わり得ると思っている。

だけど、そのためには、積極的な治療が必要だと思っている。

夫と私は、その意味で手を取り合っているが、治療法の選択については、意見が食い違っていることもある。

それは、食い違っているというより、その治療が好きか嫌いか、専門家との相性がいいか悪いかという、これも、夫と私の個人的感情の問題であるようにも思う。

我が家が娘の治療のためにやってきたことを、以下にあげてみたいと思う。

並びは順不同で、何から先にやったかは覚えているものと、そうではないものがある。

《発達障害治療として娘本人が受けてきたもの》
・七田チャイルドアカデミーの右脳教育(約1年)
・オステオパシー(計3〜4回)
・ホメオパシー治療(クラシカルで発達障害に的を絞って2年ほど受診。それ以前のプラクティカル利用歴は3年ほど)
・整体(歯科医でもあるクラシカルホメオパスの元で、4歳から、2年ほど)
・舌癒着症手術(4歳)
・ニキーチン教育的な発想での運動教育(幼少期にバレエを1年半ほど、小学生になってからは水泳と体操を4年、現在は本人の意思で水泳をやめて体操のみで5年目)

《日々の健康管理のために娘が受けてきたもの》
・アントロポゾフィ(担当医あり)
・ホメオパシー(自宅療法とクラシカル専門医による)
・アロマ(自宅療法)
・漢方(ホリスティック医療の担当医による)
・エネルギーワーク(レイキなど)

《親が受けたもの》
・各種セラピー、ヒーリング(多岐にわたるが、代表的なものとしてインナーチャイルドワーク、家族療法、先祖供養、過去生療法)
・ホリスティック治療各種
・瞑想
・座禅

記憶をたどりながら、書いてみたけれど、もしかしたら、漏れているものがあるかもしれない。

ここに書いたものがは、かなり効果的だったと感じたもの。

こうしてみると、私は、当時やれることは徹底してやってきたなと思う。

それくらい自分が必死だったということを思い出すし、娘のために働いていたといっても過言ではない。

私の収入のほとんどは、娘の治療のために充てられていた。

いや、もちろん、私自身が受けたセラピーやヒーリングは私のためでもあったのだけれど最初の2年くらいは、娘の治療が目的だったように思う。

娘のことなのに、《親が受けたもの》という項目があることに驚くかもしれないけれど、心理の世界で言われている通り、子どもたちの病気や様々な症状のほとんどは、親の心理状態と深く関わっている。

ある家族療法の専門家が、子どもの統合失調症の相談にきた家族に入院を勧めたという話は有名だ。

最近参加したグループワークでは、統合失調症は、必ず過去の家族の歴史と関わっていると聞いた。

私自身が提供しているセラピーでも、子どもの問題については、親自身のイシューに光を当てていくことが必要だと、繰り返し伝えている。

親が癒されれば、子どもたちは、自動的に癒されていく。

そして、子どもたちが癒されていくと、親自身もその癒しを受け取ることができる。

だけど、それができるのは、その用意のある親だけとも言える。

癒しを受け取る用意のない親は、十分に受け取ることができないかもしれない。

そうすると、結局、子を癒しても、やっぱり、同じことが繰り返される可能性があるのだ。

だから、原因と結果の法則的に言えば、結局、親が癒されることが先決だと言える。

つづく

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews
icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

icyokohama