絶望は愛への扉

rose-1642970_1280

先日、久々に自分のためのメディテーションに参加してきた。

今年は、アウトプットすることに忙しく、スケジュール的にも、自分のためのメディテーションの時間がなかなか取れずにいたけれど、先週末、突然その時がやってきて、私は衝動的にその日のスケジュールをすべて調整して、着替えを持って、家を飛び出した。

人って、好きなことのためにはどこまでも一生懸命になれる。

私の中に、そんな衝動があったことが、何よりうれしかった。

ドア・トゥー・ドアで、約2時間かけてついた場所で体験したワークは、たった3時間のうちに、人の14の感情を、ジェットコースターのように走り抜けて感じ切るというもの。

とても激しく、そして濃厚なカタルシスの中に身を預けたディープな3時間だった。

使われてなかった筋肉が揺さぶり起こされ、筋肉痛になるまでに数日かかるように、私の気づきもグループが終了してからこの数日、筋肉の変化と同じように、徐々に訪れている。

筋肉痛が終わる頃には、掘り起こされた気づきは、その場所の組織が目覚めるように、私をまた一歩意識的にしてくれて、新しい心身を形成してくれるのかもしれない。

今回の大きな収穫は、絶望の中に意識的に長くいられたこと。

絶望は、その名の通り、私たちを最悪な場所に貶めている状態と言える。

誰が絶望など感じたいのか?

いや、誰も感じたくはない。

絶望の淵で生きて行くなんて誰も望んでいないし、それは、人生の喜びや豊かさにはつながらないだろう・・・そんな思いがあって当然だ。

だけれども、私たちの集合意識は、絶望を知っている。

それは、今この瞬間、私たちの奥深い場所に横たわっている、本当は。

それに意識的に触れずして、どうやって、私たちは、自分のすべてを愛することができるだろう。

愛とは、ワンネスだというならば、

愛とは、すべてだというならば、

絶望だって、愛の中に入れて欲しい。

ひとりぼっちで、誰も助けてくれず、絶望したあの日の自分を、

その場に集まったすべての人と一緒に、意識的に感じたら

そのあと私に残ったのは、柔らかなハートで、

私は、ただただ、愛で満ち溢れていった。

帰り道、私たちは、たくさん笑って、たくさんハグをした。

みんなが愛おしかった。

そして、自分が愛おしかった。

私たちは、官能的にその瞬間に在った。

まさにインナーチャイルドの場所である、第二チャクラをくっつけあって腹を割って言葉を交わし、涙し、笑いあって、ハートで愛を交換した。

最後にみんなで見つめあったロウソクの炎。

私たちそれぞれの中に炎が宿っている。

誰もが特別なんだ。

こんな特別な存在が、この世界にあふれているなんて、世界はなんて美しいんだろう。

だけど、時々、私たちはそのことを忘れてしまう。

そして、自分も他人もちっぽけなものにしてしまう。

競争して誰かに勝とうとしているなら、それは、自分が自分の本当の価値に気がついていないからだろう。

誰かと比べなくても自分が特別であると、認められないからだろう。

愛は、優劣からは生まれない。

愛は、自分がすべてであると気がついたときに、内側から湧き水のように満ち溢れてくる。

絶望も、悲しみも、怒りも、笑いも、官能も、何もかもが、愛へとつながる。

ゆっくりと、意識的に降りていった絶望は、愛へつながる扉をひらいてくれた。

そして、その奥は、とても官能的な場所だった。

14479743_1123116337770603_4742713201172210666_n今、とっても呼吸が楽なのは、傷つくのが怖いからと閉ざしていたハートを、安心して開いていられるからなんだろう。

らぶ

イーシャ


BirthCeleb

*10/22 Birth Celebration with Isha*

イーシャによる、Birth Celebration!

生をもってこの世に存在している、全ての人が通過した「誕生」という大事業。

けれども、大人になったほとんどの人は、子宮の中の記憶、産道を通ってこの世に生まれ出た記憶を忘れています。

このワークは、子宮の中の温かく守られていた時の記憶、もう一度生まれ出る経験を通して、本質的な自分の生命エネルギーや愛につながります。

今、現実世界で何かうまくいっていないことがある

やりたいことがみつけられない

両親の愛を感じられない、恋人や友人との関係を深めたい

また、「出産・誕生」といったキーワードがなぜか気になるかたはこのワークがヒントになるかもしれません。

Birth Celebrationは女性だけが子宮を感じるワークではありません。これまでの回には男性も参加されています。性別を問わず、気になるかたはぜひご参加ください♪

☆前回までのご感想・体験談☆

前回同様、午前中にダイナミック瞑想があるほか、今回はバースセレブレーションの最後にクンダリーニ瞑想を予定しています。

朝の瞑想、ダイナミックから始まり、夕方の瞑想クンダリーニで終わる。自分と向き合う特別な一日を一緒に体験しませんか。

【*ベビ待ちさんへ*】

赤ちゃんにやってきてほしいと思っている方は、地球に降りてきたいと待機している存在と契約を交わす儀式をしますので、個別にお申し付けください。

すべて、ワークの中で行うので、追加料金などはかかりません。

オーガナイザー・菊池幸子

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ダイナミック瞑想~バースセレブレーション
2016年10月22日(土)

*ダイナミック瞑想
9:20 open
9:30~10:30

*バースセレブレーション
12:45 open
13:00~18:00

【参加費】
ダイナミック瞑想のみ 1,500円
バースセレブレーションのみ 8,000円
(リピートの方 7,000円)

両方にご参加 9,000円
(リピートの方 8,000円)

【場所】
JR根岸線本郷台駅すぐ
※ご参加の方に詳細をご連絡いたします。

※託児室をご利用いただけます。
お子さん連れの方はお知らせください。

【お申し込み&お問い合わせ】

ご参加の方は、メールまたは、メッセージでお知らせください。
pokok_hapi@yahoo.co.jp(菊地)

・ご参加のワーク
(ダイナミック瞑想・バースセレブレーション・両方)
・お名前
・ご連絡電話番号
・メールアドレス
・赤ちゃんとの契約の儀式をご希望の方はその旨お知らせください。

※参加ボタンのみでは受付となりませんのでご注意ください

*おやつと飲み物のご用意があります。

*妊婦の方は、生まれ変わりのワークには、ご参加いただけません。前半までのご参加ののち、後半は、ゆったりとくつろいで、スペースのエナジーを味わってお過ごしください。

【バース・セレブレーションの効果】

・バーストラウマの癒し

・インナーチャイルドの癒し

・セクシャリティへの恐れを手放す

・ボディとのつながりを深める

・セクシャリティの理解

・誰も教えてくれない「あなたらしさ」を取り戻す

・恋人、家族、友人との人間関係のほつれを解く

・孤独から抜け出し、他人にも自分にも親密さを取り戻す

・あと一歩前に進むための勇気を手に入れる

・喜びとくつろぎを感じ、豊かな人生を生きる

【ダイナミック瞑想とは】

Oshoの体を動かしながら行うアクティブ瞑想。
ダイナミック瞑想は、早朝に行ない、一日の活力を得るための瞑想です。

*ダイナミック瞑想
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/dynamic-meditation

【クンダリーニ瞑想とは】

クンダリーニ瞑想は、日没時、あるいは午後の遅い時間に行なう瞑想で、Oshoダイナミック・メディテーションの「姉妹の瞑想」として知られています。
一日の終わりに緊張をほどいて手放しになるための効果的な瞑想です。

*クンダリーニ瞑想
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/kundalini-meditation