インナーチャイルドってなんだろう?〜その4〜傷と愛

compassion-857724_1280

インナーチャイルドという言葉は、私たちの無意識に抵抗を感じさせます。

なぜなら、誰しもが、子ども時代に傷ついていて、その傷を隠して、大丈夫そうに見せながら、大人になっているからです。

心に傷のない人などどこにもいません。

ですが、その傷は、本来ならば、その時に、適切なケアを受けて、治癒することもできたはずです。

それは、本来、親や周囲の大人たちの義務であり、傷を受けないことが大切なのではなく、ケアして治癒していく過程と、そこに向けられる大人たちの愛情を通して、子どもたち自身が、守ることや愛することを適切に学び、成長の糧とすることが大切なのです。

ですが、大人たちこそが、まさに傷ついたまま大人になった子どもです。

彼らは、見た目は大人ですが、中身は傷ついた子どものままで、自分たちを育ててくれた大人たちの愛情を受けて、傷を治癒するプロセスを通っていません。

そのため、多くの場合、親たちは、自分たちを育ててくれた親がしたのと同じように、自分の子どもたちに関わることになります。

大切なことは、まずは、自分の傷に気がつくことなのです。

痛い、怖い、辛い・・・

そんな感情が、癒えないまま自分のなかにあることをまずは認める必要があります。

ですが、多くの場合、その傷を認めることができません。

なぜなら、とうの昔に、その傷の痛みを、感覚を分離させることによって、忘れてしまったからです。

そして、無味乾燥の世界を生きることで、痛みに向かい合うことをやめてしまっているのです。

それは、しばらくは賢い手段として効果を発揮しますが、次第に、生活を蝕んでいきます。

見ないふりをしている痛みが、別の症状として、漏れ出してくるのです。

DV、過食嘔吐、アルコール中毒、仕事中毒、セックス中毒、ドラッグ中毒など、中毒性のあるすべてのことに、この潜在意識の構造が影響しています。

中毒とは、このように、あからさまなものだけではありません。

様々な日常の行動、言動に、私たちの防衛反応による中毒性の症状は潜んでいるのです。

そして、そのことに気がつくのは、容易ではありません。

それらは、自分の血や肉のように体に染み付いていて、それが「本当の自分」ではないと気がつくためには、セラピーや瞑想などによって、内観の力を養う必要があります。

同一化したまま、抵抗&防衛の状態にありながら、それに気がついていない場合もあります。

気づきと呼ばれるものが、マインドにとって都合のよい気づきである場合も否めません。

なんでも美化してしまうスピリチュアルな世界の罠は、常にそこに潜んでいます。

そのことを、明らかな目で見ているために、「美」というものについて、私たちはある理解をしておく必要があります。

それは、「美」の中に含まれるものについてです

それが、キラキラとして都合のよいものだけであった場合、私たちは、なんらかの嘘をつき続けている可能性があります。

痛いもの、苦しいもの、辛いもの

それらを脇においたまま、すべて善きもので、塗り固めていないでしょうか。

alive-720237_1280宇宙は完全であると言う前に、陰陽のありのままを見ているでしょうか。

インナーチャイルドたちとの出会いは、美について、宇宙についての真実を、体験的に伝えてくれます。

私自身のことになりますが、ずっと封印してきた悲しみに触れた時、私は喜びで泣きました。

こんなにも、私の中に、傷ついた感覚があったんだということを知り、私の中の「ゆるしのスペース」がひろがったんです。

自分をゆるすということは、体験する領域を広げることです。

自分をゆるしていない時、私たちは、体験することを許していないのです。

それが、すでに体験されていた出来事だったとしても、私たちは、自分にゆるさず、過去を否定している場合もあります。

インナーチャイルドワークに入ることは、ときに「怖い」ことでもあるかもしれませんが、チャイルドと出会い、傷をありのままに認めるとき、私たちは、想定していたような「恐れ」ではなく、むしろ、「愛」に触れるでしょう。

防衛の壁の内側には、守られてきたことによって、純粋なままであり続ける「愛」が存在しているのです。

その愛は、自然に、自動的に、外に溢れ出ていきます。

防衛の壁が取り払われて、閉ざされていた自分の輝きと愛があふれ出ることは、私たちの世界を、本当の意味で輝かせるでしょう。

それは、ポジティブシンキングの一時的なハイではなく、むしろ、内観を続ける限り、永続的であり、とても自然な人の感覚で、人本来のあるべき姿と言えます。

無意識でかけていた眼鏡をとって、純粋な目で、世界を見ること。

それこそが、インナーチャイルドワークの目的なのです。

つづく

→インナーチャイルドってなんだろう?〜中毒と情動エネルギー

Pranava Life川村イーシャ


〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》

PranavaLifeNews


180127_top3

ハートエデュケーションセンターでは、目に見えない心の内側の理解と身体で体験する様々なワークを通して、心と身体の本当の健康と豊かさ、喜びを生きるためのプログラムを提供しています。育児、パートナーシップ、人間関係、仕事、人生の生きがい、あらゆることがこのプログラムを通して、改善へと向かいます。心理的、身体的、性的虐待や逆境的環境を生き抜いてきたサバイバーのための回復プログラムとしてもとても有効です。


HEbasic

HEベーシックコース(ハートエデュケーション・ベーシックコース)専用テキストを用いて、初級(3回)、中級(4回)、上級(5回)と12の章を1年間学びます。

感情や身体と密接に関わるインナーチャイルドについて理解を深めることは、感情を整理して、自分が誰であるのか、何をしたいのかを理解するのにとても大事な作業です。

初めての方はもちろん、様々なセラピーやヒーリングを学んできた方にとっても、その効果は大きく、一時的や思い込みではない本質的な癒しと変容が促されます。

また、心身の様々な症状に悩んでいる方、過去に心理的、精神的、性的虐待を受けたことがあって、その傷をまだ背負い続けている方、現在の家族関係や人間関係に生きづらさを感じている方、また、子ども時代を体験したことのある方なら誰でも、HEベーシックコースの内容を理解している必要があると言っても過言ではありません。


youth-570881_1920
チャクラとは、私たちの心と体をつなげる要となるもので、そこには、たくさんの大切な情報が存在しています。

現代人にとって大事なことは、チャクラに沿った心理的成長について理解しながら、自分自身の健全なあり方を、どんな思考や感情、先祖や家族から受け継いできた信念が妨げているのかを知ることです。

チャクラとはエネルギーなので、言葉で理解しながらも、一度その言葉を解体してエネルギーとして理解することがとても大事です。

そのためにこのコースでは、心理学や脳科学によるチャクラの構造的理解とともに、心身に働きかける様々なワークや瞑想を行います。

理論とその枠を超えた気づきの相互連鎖によって、私たちは、さらに自分自身を深く理解することができるようになります。

ハートで学ぶチャクラ心理学コースは、自分自身を深く知るための旅です。

180127_top1