インナーチャイルドってなんだろう?〜その2〜ワンダーチャイルドの導き

child-788784_1280

極めて身体的な存在で、五感をフルに使って、この世を創造的に楽しく生きることを望んでいるインナーチャイルドという、私たちの内なる存在。

具体的には、その存在を、ワンダーチャイルドと呼びます。

インナーチャイルドの話をすると、実は多くの人が、「怖い」と言います。

それもよく分かる反応ですが、「怖い」と意識的に感じられるということは、決して悪いことではありません。

むしろ、それは当然の反応であり、クライアントさんの中には、かすかな恐れを小脇に抱えて、それでも、未知の自分に出会うために、ワークを受けにいらっしゃる方もあります。

それこそが、とても、尊い行為です。

彼らが、かすかな恐れを感じながらも、なぜ、継続的にチャイルドと向かい合うことができるのかというと、まさに、このワンダーチャイルドという存在に導かれているからです。

ワンダーチャイルドとは、ワクワクすることや、楽しいことが大好きで、とても創造的です。

彼らは、まさに、子どもが持っている純粋な好奇心であり、自己愛の象徴です。

小さい時から自信がなかったという方もあるかもしれませんが、それは、遡れば、親や周囲の大人たちから「間違ってはいけない」「失敗は悪いことだ」という誤った思い込みを、受け取っていることに由来しています。

私たちは本来、失敗を恐れることなく、また、成功や正しさにこだわることなく、自由に体験することを望んでいたはずです。

それが、まだ、言葉も話せないうちから、少しずつ、大人の暗黙の了解を教え込まれていくことによって、私たちの純粋な好奇心は、少しずつ色あせて、世界はルールとしきたりと、事なかれ主義に染まり、レールの上の人生を歩んでいくことになるのです。

では、どうすれば、私たちはワンダーチャイルドの存在を感じ、信頼して、ワクワクする喜びの創造的な人生に入ることができるのでしょうか。

誰もが、ワンダーチャイルドを内側に持っていて、知らず知らずにその存在の力は発動されていますが、その力がフルに発揮されているかどうかは、わかりません。

もしも、人生が退屈で、色あせていて、希望がなく、また、ワクワクすることや、自分の好きなこと、また、この世を生きる上での魂のミッションがわからないとするならば、あなたのワンダーチャイルドは、残念ながら、無意識下に押し込められていると言えます。

ですので、ワンダーチャイルドと出会い、ワクワクと喜びに満ちた創造的な人生をおくりたいならば、まずは、ワンダーチャイルドを無意識下に押し込めている、防衛の壁を取り除いていく必要があるのです。

つづく

→インナーチャイルドってなんだろう?〜その3〜抵抗と防衛

innerchild_therapist
【スケジュール】

*インナーチャイルドセラピスト養成講座
《残席1》第1期 4月&5月スタート

*インナーチャイルドグループコース
茅ヶ崎&新宿の開催日が決定いたしました。

《満席》4月25日(月)開催@茅ヶ崎ともいきや(JR茅ヶ崎駅南口より徒歩10分)
《残席2》5月28日(土)開催@新宿貸し会議室(JR新宿駅南口より徒歩7分)