No.131 受け取る器

新セッション【ソウルメッセージ】がスタートしました!
http://www.uneelen.com/?p=4267

3往復のメールカウンセリングによっていま自分に何が起こっているのか多角的な視点で捉えていきます。

これまでも自然にお客様と行っていたことを体系化することで、より充実したセッションとしてお届けしていきます。

詳しくはこちら
⇒ http://www.uneelen.com/?page_id=267#b1

————————————————–

昨年10月にメルマガを始めた時は

そんなに書くことあるんだろうかって

不安もあったんですが

そんな不安はどこへやら。
なんでまた、こんなにも

書くネタがあるんでしょうかねえ・・・
そう思うと、人の内側から湧いてくるものっていうのは

無限なんだな~って、つくづく感じるんです。
何かをすごく考えて書いているわけでもないし

大それた目新しいことを伝えているわけではないのですが

私の楽しみの一つとなっているこのメルマガを読んで

「面白かった」とか

「すごく楽しい」って言ってもらえた時には

もう、嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・

いや、嬉しい私です(๑≧౪≦)
ぜひ、お友達にも、メルマガを紹介してくださいね。
ときどき、メルマガやブログって

チャネリングで書いてるんですか?って

聞かれるときがあるんですが

メルマガやブログは

私自身で書いてます。
チャネリングっていう言葉って

結構危うい言葉だと思うんです。
誰かへのメッセージを伝えているときに

自分の理解の及ばない何かが降ってきて

それを、なんとか言語化して、伝えてみると

その方の何かに触れて、涙されたり

気づきが起こるっていうことは

確かに、事実としてあるんですが

その言葉を、自分じゃない

高次の何がしかの言葉だって言い続けるのは

自分の存在そのものを放棄しているようにも感じられます。
また、それとは逆で「自分がやっている」と思うのは、

確かにチャネリングの本質と離れていて、危険です。
チャネリングというのは、言葉を通して流れる

エネルギーでもありますから、

その言葉が愛のエネルギーで満たされているとしたら

そこには、どんなエゴの介入もありません。
困った人に良いことを言ってあげているわけでもなければ

特別な自分が高次の存在に選ばれて

偉大なメッセージを伝えているわけでもないんです。
意識的でありたいのは、メッセージの質というよりも

言葉を発しているときの自分自身のあり方です。
カウンセラーやセラピストが

聞いてもないのに、

突然「私を認めて欲しい!」っていう

エゴによる無料カウンセリングを

発動させてしまうことが多々ありますが

そういうのにぶち当たると

私、正直者ですから、

顔に縦線のちびまるこちゃん状態になっちゃいますw
さらに「いいのよ、いいのよ、今メッセージが降りてきただけだから

お金は気にしないで~」とか言われると

いや、そっちじゃなくてー!って

ますます、ツッコミいれたくなりますが

まあ、そういうときは

「へ~、そういうふうに思うあなたがいるんだね」っていう

対応をさせてもらっています。
もちろん、勇気ある方は

「誰がセッション頼んだっけ?!」ってブチギレるのも

ありですよ、ありw
好きです、わたし、そういうの。
それが、できたら、私も一皮むけそうですが・・・まだできないわw
ヽ( ̄▽ ̄;)ノ汗
まあ、それぞれの関係っていうのがあって

互いに深い信頼に結ばれていて

助言を求めながら話をする

シチュエーションもありますからね。
メンターっていうのは、

そういう関係で

いつどんなとき何を助言されても

また、それが、助言のつもりではなくても

その人の生き方から、在り方から

自然に必要なものを受け取れる関係にあるんだと思います。
だから、結局は、どんなに素晴らしい

チャネリングメッセージだ

とかなんとかいうよりも

それを受け取れる自分がいるかどうか・・・

また、メッセージを発している本人は、どういう状態なのか・・・

ということが大切なんですね。
だから、((friendly_name))が

わたしのこの徒然のメルマガを読んで

もしも、楽しんでいただけているとしたら

((friendly_name))に、それを受け取るだけの

豊かに響き合える器があるっていうことなんですよね。
((friendly_name))の、そんな寛大で

深い器の中に

私は、いつも、勝手気ままに

言葉を投げ込んでいるだけなのかもしれません。
((friendly_name))

いつも、受け取って下さって

本当にありがとうございます。
(ー人ー)
Ishaほうこ