No.132 原動力が違うだけ

巷で何かと話題の

「努力は必要ない」とか

「頑張る必要はない」っていう言葉に

色々と思うことがある、ほうこです。
いや、私自身がね、何度も、何度も

頑張る自分を脱ぎ捨ててきたんですよ。
それは、私にとって、すごく大切なプロセスでした。
何度も涙しましたし、

何度も、新しい自分に生まれ変わってきました。
きっと、これからも、そういう自分を

認めていくことがあると思うんです。
それと同時にね、

本気のビジョンに従って

自分の場所から、表現し続けることを

忘れたくないなって思うんです。
これを読んでいるあなたが

何か目標や夢を持っているとして

それを実現しようとしているならば

これって、すごく大切なことだと思うんですよ。
すごく、見ていておもしろいな~って思う構造があって

「頑張らなくっていい」っていう

看板を掲げているセラピストさんって

本来すごく頑張り屋さんで

がむしゃらにやってきて、泥だらけになって

だからこそ、ようやく宇宙にお任せっていう

真理に触れた人ばかりなんじゃないかな~って。
そう思いません?
人生で一度も頑張ったことのない人って

「がんばらなくっていいんだよ。」

とか言わないんですよ。
そう言える人っていうのは

実際には、情熱があって

(Enthusiasmね!バックナンバーでご覧下さい♪)

積み重ねてきた経験と知恵があって

誰よりも、働き者なんです。
だから気をつけて欲しいのは

人生で、一度も自分に本気になったことのない人が

「がんばらない」を、そのまま、言葉の通りに受け取ってしまうと

ただの「なにもしない人」になっちゃうっていうことです。
頑張らないで、夢を叶えて、

喜びを幸せを手にしている人って

自分がその行動を、努力と思ってないだけで

その人の一日に密着すると

かなり内容の濃い一日を過ごしているはずです。
日がな一日、テレビ見て、お茶飲みながら

「がんばらないよ~たりらりら~ん」なんて

言い続けているわけじゃないんです。
書いているとしたら、その人の24時間のうちの

たった一瞬を切り取って伝えているだけなんでしょうw
というように、本人が頑張ってるって思ってないだけで

実際には、誰よりも、自分の人生に本気なんですよね。
その働く原動力が

大好きエネルギーなのか

自己犠牲の努力なのか

ただ、その違いです。
同時にいくつかの仕事を回すって

かなり大きなエネルギーを要します。
言われたことをやればいいわけじゃないですからね。
だから、そういう人って

仕事に対して、生きることに対して

いつもわくわくしていて

創造的で、前向きなんだと思います。
まあ、世の中の人が全員それをやればいい

っていうわけでもありません。
自分にふさわしい生き方を見つければいいんです。
だけども、誰にとっても

自分の人生に本気になるっていうのは

とても大切なことです。
がんばらないで、宇宙にお任せっていうのが

行動しないで、世間に流されているってことに

なっていないかどうかは、要チェックですよ。