No.135 無駄なアドバイス

何度も言うとおり、悩みや苦しみにあるときって

「どうすればいいか」っていう

解決策を知ることが大切なのではなくて

そこに潜む、自分の本当の声に気がつくことが大切です。
本当はこんなふうに痛かったんだっていう

痛みの「自覚症状」を持つことが大切なんです。
たとえは、誰かが、人とうまく話す自信がない

という悩みを抱えていたとして

「大丈夫、自信を持って話してみて!」

っていう言葉は、全くと言っていいほど

意味がないでしょう。
欝の人に「元気出して」というのが禁句なように

うまく話せない人に

「自信を持ちなさい」っていう解決法を提示したところで

多くの場合は、逆効果なんですね。
もちろん、万に一つくらい

それで、突然、大きな気づきが生じて

何かが変わるっていう体験が起こることもあるでしょう。
だけども、それって、多分、それ以前に

アドバイスした人との何らかの信頼関係が築かれていたり

本人が、自分自身をとことん観ているから起こるわけで

多くの場合は、さらりと流れていったり

むしろ、その正しさを振りかざすアドバイスで

更に心に傷が生まれることが予想されます。
それよりも、なんで、うまく話せないのかっていう

その状態の更に奥の方に潜む理由に

本人が、触れていくことが大切です。
外側のことは、自動的に起こるんです。
だから、その深い場所にある思い込みに触れて

それとしっかりと対峙したら

新しい心のステージが見せてくれる

新しい生き方が始まるんです。
つづく