No.137 全てである自分

イベント情報

【残席1】2/7(土)レインボーソウル☆塾〜Step.2@横浜本郷台駅
⇒ http://www.uneelen.com/?p=4145

道具を使わないスピリチュアル・ヒーリングであなた自身をパワースポットにする!セルフヒーリングと浄化の基礎を学び、相手に施せるレインボーチャクラヒーリングを実践します。心と身体を用いた健全なサイキック能力開発は、私たちの人生を豊かにしてくれるでしょう!

【残席あり】2/13(金)レインボーソウル☆リトルパーティ@茅ヶ崎
⇒ http://www.uneelen.com/?p=4170

湘南の海の近くのサロンでいつもの自分にご褒美を。あいこのエナジーヒーリング☆マッサージと、Ishaほうこのミラクルストーンヒーリング、オンラインカラーセラピープログラムSOPHIAの体験ができます。お楽しみに〜!

————————————————————–

このメールのタイトルにもなっている

「インナーヒーラー」を育てることは

この世界にたくさんまかれている

愛の種に気が付ける自分を育てるっていうことです。
気が付ける自分であるためには

この世界と自分のつながりを取り戻すことが鍵です。
ただ、ぽつんと、つながりを絶って生きているのではなくて

展開する現実と自分の意識のつながり

身体と心のつながりを感じとり

自分の存在に、最大限に意識的でいることです。
それは「自分は全てである」と理解することでもあります。
全てだとしたら、どうなんでしょう?
((friendly_name))が、私が、全てだとしたら・・・?
ヒーリングって、なんでもポジティブに解釈していくことではなくて

時には、自分の痛みに触れていくことであり

ある意味、勇気を必要とします。
だから、スピリチュアルな話をするときに

キラキラしたポジティブなことだけが語られるよりも

むしろ「自分と向き合うって、すごく勇気がいることだ」って語る人に

共感する私です。
私は、過去生やインナーチャイルドから

心の解放を目的とするセッションを行っていますが

同時に女性性についても探求し続けています。
心理的なアプローチをする場合

怒りは、二次的感情として扱われるので

悲しみや恐怖を封じたあとの感情として捉えられます。
確かに、かつて、いつも怒っていた私でしたが

内側に閉じ込めていた悲しみに触れる度に

心が穏やかになってきました。
同時に、怒りというのは

女性の持つ原初のパワーであって

創造性の源です。
怒りを感じないという人の多くは

怒ることは悪であるという思い込みのもと

それを悲しみに変換していることが多いようです。
かつての私みたいに「全然傷ついていないよ!」って強がって

誰かをせめて怒ってばかりの人は

ぜひとも自分の悲しみや痛みにフォーカスして欲しいものですが

哀しいとか、怖いってい言い続けている人は

自分の怒りにフォーカスしてみるといいでしょう。
自分は全てだとしたら

自分じゃないものなんてないんです。
どんな感情だって、感じていいんです。
7日(土)開催の「レインボーソウル☆塾Step.2」では

サイキック能力の開発と

感じる自分を育てていきます。
浄化を学び、場に結界を張って、安全なスペースで

無垢な自分に出会いながら

自分と相手へヒーリングを行います。
どこまでも、どこまでも、全ての瞬間に敏感であること。
身体の動かし方、エネルギーの読み取り方

一挙手一投足に隠されている、自分の秘密に気がつきながら

少人数で体験するレインボーソウル☆塾は

学びと癒しの両方を、提供しています。
【残席1】2/7(土)レインボーソウル☆塾〜Step.2@横浜本郷台駅
⇒ http://www.uneelen.com/?p=4145
Ishaほうこ