No.143 先祖って何?~その2

Ishaほうこです。
前回からの続きです。

前回をご覧になっていない方は、ひとつ前のメルマガからお読みくださいね。

バックナンバーでも閲覧可能ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、親の解いていない想いを子が受け取るというのは、元は純粋な愛による行為なのですが、それが、結果的にもつれた想いを、子に受け継がせてしまうんです。

先祖の祟り・・・という言葉もありますが、祟りとかいうよりも、子どもたちが、愛によって、それを受け継いできてしまっている、というのが、潜在意識の構図だと、私は理解しています。

このあたりは、とても深くて、一度では語りきれませんが、お客様とのセッションでも、何度か見てきたことがあります。

以前、カードセッションのモニターでいらした方が、幸せな現実生活とは裏腹の理由のない不安をずっと抱えてらしたのですが、その不安は、父親が発していたエネルギーだということが明らかになりました。

彼女は、私には「家族に迷惑をかけて死んでしまった父親を、未だに許せない」と言っていましたが、セッションの過程で不安の原因がわかって、「不安のエネルギーは、あなたのものじゃなくて、父親のものだから手放していいんですよ。」っていうと、「いやだ」といって、急に泣き崩れました。

この不安のエネルギーを手放すと、父親と本当に離れてしまうから、手放したくない、父親を愛しているんだ。。。と。

彼女が、この自分の想いに触れられたのは、とても大きな出来事だと思います。

それは、そばにいた私にとっても、深く響き、私たちは、ともに、彼女のインナーチャイルドの純粋な愛に触れて、涙しました。

意識ではどれだけ、父親を憎んでいても、彼女の幼い頃に感じていた父への愛と、父から発されるエネルギーが、未だに彼女の中に残っていたんですね。

それは、父親の不安のエネルギーなんだけれども、幼い彼女は、それを父の存在として感じていたかったんでしょう。

だから、現実がどれだけ幸せだとわかっていても、なぜか、内側には得体の知れない不安感があって、しかも、それを、ずっと握りしめていたかった。

不安でも恐怖でも、親が発しているエネルギーは、こうやって、無意識に家族に伝播するわけです。

そして、それが受け渡されていくのは、祟りや因縁ではなくて、家族の愛によって、なんですね。

その愛を感じながら、もつれてしまった感情を解くことが、先祖の思いを紐解いていくことでもあります。

そう思うと、自分の命の誕生までに、どれだけの想いが入り混じっているだろうかと、わかるかと思います。

Ishaほうこ
2/22(日)LOVEサイキック~プロローグ

会場 アロマココロ@茅ヶ崎
時間 open 13:30 start 14:00 finish 17:00
参加費 5,500円
・自分の人生に深くコミットするためのハイヤーセルフとつながるワーク
・人生の道をサポートしてくれるガイドスピリットとつながるワーク
・エネルギーを読み解き言語化するチャネリングのエネルギー体験
・レインボーカラーを使った各種浄化と癒しのワーク(レインボーカラーヒーリング…etc)
・愛のゲート~ミラクルベリーマッサージ

詳細はこちら
⇒ http://www.uneelen.com/?p=4369

222の意味・・・あなたが新たに植えたアイデアが現実になるよう育ち始めています。水と栄養をやり続けること。そうすれば、時期にそれは、土を突き抜けて育ち、現実化しているという証拠を見ることができるでしょう。言い換えるなら、奇跡が起こる5分前にそれを止めてはいけません。それが実現しているのが、時期にあなたにもはっきりと目に見えてきます。ですから、そのまま頑張り続けてください。肯定的な、思考を持ち続け、アフェメーションを言い続け、ヴィジュアライゼーションを続けてください。from 「エンジェルヒーリング」/ドリーンヴァーチュー