No.170 ゆとりのスペース

お久しぶりです\ (^^) /

長野のドラゴンツアーから戻ってきて、仕事もスタートしながら、だけども、あまり、忙しくしたくなくて、できるだけのんびりとした時間を持っている Isha ほうこです。

((friendly_name))は、 GW 、如何お過ごしでしたか?

メールマガジンを、また、しばらくお休みしていたのですが、ここから、また、少しずつ配信していきたいと思っています。

何度も書いているかと思いますが、メールマガジンを書くのが、楽しくて仕方がない私です。

もちろん、あれやこれやで、書けないこともあったり、ちょっとゆっくりしたくて休息をいただくときもあるのですが、こうして、それでも、続けられていることに、感謝しています。

それも、これも、メールマガジンを読んでくださっている、((friendly_name)) がいてくださるからです。

本当にありがとうございます。

ところで、先日、長野から帰ってきて、夫が録画していた「ぼくらの時代」って早朝のテレビ番組を見ていたのですが、番組に出演されていた浅田次郎先生(私は作品を拝読したことはないのですが。。。)が、おっしゃったんです。

「ぼくらの仕事は、よく誤解されるんですが、書いているときだけが仕事してるんじゃなくて、書くものが出てくるまで、ぼけーっとしているときや遊んでいるときがあってこその物書きという仕事なので、よく、何もしてないと言われるけど、実は、ちゃんと仕事してるんですよ。」って。

「まじで、それ、わーかーるー!」って思わず言ったら、夫に「お前が言うな!」って叱られました。

はい、すみませんでした。

てへぺろっヽ (  ̄▽ ̄) ノ

天下の浅田次郎先生と一緒にするなんて、おこがましいにもほどがあるってもんですが、にしても、ほんと「わーかーるー!」です w

やはり、気づきとか、物書きとか、そういう、創造的なことって、自分に余裕がないとできません。

毎日、あくせく動いて、あれやこれや手配して、ドタバタのときって、宇宙の創造のエネルギーにつながれないんですね。

以前も書きましたが、創造のエネルギーっていうのは、無限です。

幼いころ、ピアノには決まった音しかないのに、よくもまあ、こんなにも音楽が出来上がるものだと不思議でなりませんでした。

きっといつか、音楽は、出尽くしてしまうだろうって。

だけども、今でも、創造的な音楽が、どんどんリリースされています。

私だって、メールマガジンを始めた当初、何を書く事があるんだろう、きっと、いつか終わってしまうに違いない・・・って、不安だったものです。

だけども、どこまでも、無限に書く事は溢れてくる。

そして、そこにアクセスできたのは、長野での美しいリトリートの時間と、帰ってきてから、そのエネルギーを根付かせるためのゆとりの時間をもてたからかもしれません。

ただ、自分である時間、自分を感じる時間、また、瞑想や、気功、イメージングワーク、なんでも構いませんが、この時代を生きるスターピープルたちは、きっともう自分のためのそんな時間を持っているんだと思いますよ~。

つづく

Ishaほうこ
◆6/6&7(土日)女神の集いTrilogy Part1&2@立川
⇒ http://www.tao-goddess.org/schedule/

お待たせしました~!!東京での久々の開催に、私も心を躍らせています。タオの深い叡智に触れながら、自分の中の女神を蘇らせましょう。頭でわかるんじゃなくて、身体で感じる。「ああ、女性性のことね・・・」って思ったあなたに、ぜひ来て欲しい、現代に生きるメディスンウーマン・タリカのワークは、目からウロコです!会場でお会いしましょうね\(^^)/

Facebookの方はこちらから
⇒ https://www.facebook.com/events/1642138786019946/