No.172 純粋な怒り

ちょっと前のことなんですが、ある巫女的存在の友人から、素敵な言葉をいただきました。

ご本人の許可を得て、私の体験を書いています。

ご存知の方も多いでしょうが、我が家には、3人の子どもたちがいて、毎日てんやわんやの育児をしています。

職業柄というか、私の生き方として、子どもの心のことには繊細で敏感でありたいと思っているのですが、世のお母様たちと同様か、私だって、そんなにニコニコばかりもしてられません。

ときには、こらー!とか、いい加減にしろー!とか、朝から叫ぶこともあり、「ああ、疲れた・・・」っていうことも、多々あるわけです。

決して、完璧な母ではないし、完璧に人間でもありません。

自分のこと、我が子のことは、意外と見えにくいものです。

だからこそ、私も、師のもとで、信頼するセラピストや瞑想者のもとで、自分を見つめていく時間を持っているわけです。

それでね、その友人が、我が家に遊びに来てくれていたときのこと、うちの真ん中ボーイが、もう、やんちゃなわけですよ。

走り回って、転んだり、ぶつかったり、転んだり・・・w

私は、もう、条件反射で、「ほらー、よく見て歩きなさい!」とか、言っちゃったわけですね。

するとね、我が家の真ん中ボーイが、腹から、怒涛ごとく、怒りをあらわにしたんです。

「ぼく、ちゃんと見てたもん!がああああーーーー!」ってwww

「あ、そう、ごめん、ごめん」っていう、道を急ぐ、大人の反応だと、彼の怒りは収まらなかったわけです。

そうすると、多くの母親たちは、「あー、もう、いいじゃない、面倒くさい、もう癇癪持ちで、意地っ張りだから~」なんて、なるのかもしれませんが、私もご多分に漏れずそうだったんですね。

すると、一緒に居てくれたその友人が、言ってくれたんです。

「子どもの頃って、こんなにも純粋に、自分が理解されないことについて、怒りを表現することができるんだね」って。

「そして、私たちは、いつから、そのパワーを失ってしまったんだろうね」って。

はっとしました。

目の前にいたのは、意地っ張りで癇癪持ちの息子じゃなくて、自分の怒りをストレートにぶつけてくる純粋な存在でした。

それ以来ね、子どもたち、特に、下の二人の息子たち(5歳&2歳)の姿を見ながら思うんです。

この人たち、明らかにダイナミック瞑想してるって・・・w

末の息子なんて、強烈ですw

「があああーーーー!ちがうーーーー!!ぎゃーーーー!!ぐえーーーー!!ごおおーーーー!」って、朝から怒鳴ってますw

いつもは、ニコニコちゃんなのに、今、ちょうどイヤイヤ期がやってきていて、何につけても、意見をぶつけたいようですw

それは、それで、まあ、手こずりますが、おっ、ダイナミックしてるなと思えば、可愛いものですw

そう、それくらい、本当は私たちの中には、眠れる純粋な怒りや叫びが存在しているんですね。

「そんなものない」って言い切っちゃうのって、それは、心の科学的には、逆にヘルシーじゃないかもしれません。

あるんだけど、出せてない・・・っていうのが、真実じゃないかな。

思えば、私も、かつては。子どもの叫び声に耐えられず、それは、あってはいけない苦しみのように思えていたし、なんとかして、子どものその怒りを封じ込めようとしていたように思います。

だけども、今は、そんな風には思っていない自分がいることに、気がつきます。

それは、多分、自分の中にある、底なしに溢れる苦しみの叫びを知ったからかもしれません。

苦しみや、怒りって、あってはならない悪いものじゃなくて、認めて、許して、初めて、光になるんです。

それを抑えたままだと、本当の美しさも、光も感じられないんです。

つづく

Ishaほうこ
◆6/6&7(土日)女神の集いTrilogy Part1&2@立川
⇒ http://www.tao-goddess.org/schedule/

お待たせしました~!!今年初となる、女神の集いTrilogyのスケジュールが発表されました。東京での久々の開催に、私も心を躍らせています。タオの深い叡智に触れながら、自分の中の女神を蘇らせましょう。頭でわかるんじゃなくて、身体で感じる。「ああ、女性性のことね・・・」って思ったあなたに、ぜひ来て欲しい、現代に生きるメディスンウーマン・タリカのワークは、目からウロコです!会場でお会いしましょうね\(^^)/

Part1 内なる女神 in 立川
日時:6月6日(土) 10:30~17:30
会場:立川 たましんRISURUホール(サブホール)

Part2 女神の月小屋 in 立川 .
日時:6月7日(日) 10:00~17:00
会場:立川 たましんRISURUホール(サブホール)

参加条件:どなたでもご参加いただけます。しばし日常のあらゆる「役割」から離れて、 一人の「女」として過ごせる時間は安全で豊かな癒しの時間です。

Part3 青いシャクティ in 長野・白馬 .
日時:7月18日(土)〜19日(日) 一泊二日(11:00開始予定 15:00終了予定)
会場:長野・白馬  モアリゾート白馬
参加条件:Part3 青いシャクティは、Part 1 内なる女神&Part2 女神の月小屋にご参加の方、または以前参加(今回再参加)された方のみとなります。詳しくはお問い合わせください。

詳しくはこちらから
⇒ http://www.tao-goddess.org/schedule/

Facebookの方はこちらから
⇒ https://www.facebook.com/events/1642138786019946/