No.187 女神のバトン~その9:ソマ編

3年くらい前、3人目が生まれたすぐあとだったと思います。

頼れる実家が近くにない私たち夫婦にとって、3人の子を育てるって結構大きな決断でした。

なるようになる・・・のは、わかっているんですが、さて、これから、どうなるんだろう・・・みたいなね、そんな気持ちでもありました。

子どもが熱を出した時は?

怪我をしたときは?

考えるとキリがありませんでした。

夫は帰宅も遅く、私の二本の手では、子どもたちの手をつなぐこともできないわけで、何かあったときどうしたらいいんだろうっていう、不安がありました。

それで、「次の妊娠は絶対にありえない!」って、私は、自分に言い続けていたんですねww

っていうと、笑われそうですが、まだ、妊娠してもないのに、マインドは、いつかあるのかないのかもわからない未来を、わざわざ否定していたわけです。

だけども、そのとき、なぜか、内側から、風が吹き抜けるようにして、ある気づきがやってきました。

「そうして、私は、私の子宮を否定し続けてきたんだ」って。

私が、どれだけマインドで妊娠を否定しても、女の身体の月の満ち欠けは続き、私の体は毎月子を宿すことに、イエスと言い続けています。

それに気がついたとき、私の中の誰かが、すーっと一筋の涙を流して、ずっと私とともに生きてきたその人は、光の中に溶けていきました。

「ありがとう」って言葉を残して。

そしたら、次の瞬間、奥歯が突然ガリって音がして、折れたんです・・・!

もー、びっくり・・・そして、何かが大きく変化したんだなって感じました。

だけども、こういうことって、現代人の多くが、普通に思ってることなんじゃないでしょうか?

子どもを持たない人の中には、「子どもを持つなんて考えられない」っていう気持ちがあったっていいわけで、また、子どもがいる人にとっては、2人目、3人目、4人目・・・と思うと「絶対ありえない!」って、そんな気持ち、現代人なら当然ですよね。

経済的な理由や、その他うんぬんの大人の事情で、なかなか踏み切れないってことも含めて、私たちは、子を持つという極めて本能的なものを、否定しているのかもしれません。

それが、悪いわけじゃないと思います。

人は動物じゃないですから、セックスは生殖のためだけに行われるものではないし、自分の人生をクリエイトする上では、子どもを持つか持たないか、また、子どもの数も含めて、人生設計のうちのひとつです。

ただ、そこに、自分の人生にイエスということ以上に、否定の気持ちが宿っているとしたら、私たちは、自分自身の本能的なものを否定し続けているのかもしれないなって、思います。

子を持つか、持たないかではなくて、ただ、自分の身体のあり方に、イエスって言えること、それが、私たちの存在そのものの肯定につながります。

ソマの女神のバトンを読んで、当時のことを想い出しました。

いつもの癖で、内なる女性性に、唾を吐きかけ続けているのだとしたら、それに気がついて、労わりたいですね。

男性性についても同じです。

自分の身体にイエスって伝えることは、自分に愛を送ることなんですね。
love Isha
【女神のバトン~その9:ソマ編】

明石からこんにちは☆
女神の集いファシリテーター・トレーニーのソマです。
リエ、バトンをありがとう。

————

今年1月からのトレーニングに参加を決めてから、大きく変容を続けています。
そのことをはっきりと自覚しながらの日々はとても味わい深く、これからも変わり続けていくだろう自分自身の行く末を、見守っています。

自分ひとりではどうにも動かせず立ちすくんでいたところから、
どうしても知りたかった真実に向かって、今、女神の集い、タリカ率いるタオイストジャパンという大きく深い器の中で、みつけた光の糸を頼りに「焦らず腐らず、」歩んでいます。

————

私が好きなタリカの言葉は、「いい人として場に立ったとき、そこにはなにも起こらないんだよ。」
そんなたくさんの、授かった宝物のような言葉を反芻しながら、1月からの数ヶ月間を過ごしてきました。

————

ファシリテーターというものになるのかならないのか、それはまだ分かりませんが、
スタッフとしてグループに参加していく中、以前の私のように、ありったけの勇気で参加されたであろう女性たちの、最後にはポンっと花開く、輝き立つ姿を共に見せていただくにつれ、ますますこのグループにコミットが深まっているところです。

*******************************

2013.7 女神カーリーに出逢った!
http://ameblo.jp/breath–of–life/entry-11582145273.html

2014.11 女神の集いTrilogyに参加して
http://ameblo.jp/breath–of–life/entry-11958127085.html

*******************************

スタッフとしてではなく、一参加者として、参加したときに起こったことです。
まさか自分が”女性性”などと名のつくものに関わりを持つことになろうとは、夢にも思いませんでした。
それまではあまりにも、自分のなかにある女性という性が、ダークなものだったから。
女性の(自分の)中にあるネガティブなものをみつけては、ケッ!っと唾を吐いていました
そうやって自分やその後ろにあるものを、呪ってもいたんだろうと思います

でも同時に、そうではない光を、希望をみつけたかったのだろうと、今となっては思うのです。

ソマ

————

アンカーの女神、イーシャにつなぎますね♪

ソマ(兵庫)
つづく・・・
Love Ishaほうこ
◆【受付中】6/12(金)癒しのコラボ☆ボディ&ソウルトータルヒーリングコース
⇒ http://www.uneelen.com/?p=4687

ご好評いただております、あいこ&Ishaのトータルヒーリングセッション。ボディから、心から、いらないものを脱ぎ捨てて、裸のあなたにもどりましょう。一人ひとりが、自分の真実に触れることができる贅沢なセッションを、ぜひ受けにいらしてくださいね。ベジタリアンランチ付きです♡
◆6/6&7(土日)女神の集いTrilogy Part1&2@立川
⇒ http://www.tao-goddess.org/schedule/

お待たせしました~!!今年初となる都内での女神の集いTrilogyのスケジュールが発表されました。東京での久々の開催に、私も心を躍らせています。タオの深い叡智に触れながら、自分の中の女神を蘇らせましょう。頭でわかるんじゃなくて、身体で感じる。「ああ、女性性のことね・・・」って思ったあなたに、ぜひ来て欲しい、現代に生きるメディスンウーマン・タリカのワークは、目からウロコです!会場でお会いしましょうね\(^^)/

Part1 内なる女神 in 立川
日時:6月6日(土) 10:30~17:30
会場:立川 たましんRISURUホール(サブホール)

Part2 女神の月小屋 in 立川 .
日時:6月7日(日) 10:00~17:00
会場:立川 たましんRISURUホール(サブホール)

参加条件:どなたでもご参加いただけます。しばし日常のあらゆる「役割」から離れて、 一人の「女」として過ごせる時間は安全で豊かな癒しの時間です。

Part3 青いシャクティ in 長野・白馬 .
日時:7月18日(土)~19日(日) 一泊二日(11:00開始予定 15:00終了予定)
会場:長野・白馬  モアリゾート白馬
参加条件:Part3 青いシャクティは、Part 1 内なる女神&Part2 女神の月小屋にご参加の方、または以前参加(今回再参加)された方のみとなります。詳しくはお問い合わせください。

詳しくはこちらから
⇒ http://www.tao-goddess.org/schedule/

Facebookの方はこちらから
⇒ https://www.facebook.com/events/1642138786019946/