No.207 心の解放と身体の健康

8月末に個人セッションのお申し込みを一旦締め切らせていただいて、10月1日で個人セッションを終了し、数日が経ちました。

今は、なんだか、感慨深い想いと、ほっと一息ついた感じで、過ごしているところです。

思えば、私が、9年間の間、産休以外で、個人セッションを長くお休みするのは初めてのこと。

正直、思い切った選択でもあったのですが、今は、それ以外の自分の役割と、深い学びの機会にしばらく集中するという決断をしました。

新しく個人セッションを再開するときには、リニューアルして、さらにみなさんにとって良いセッションを提供したいと思っていますので、楽しみに待っていてくださいね。

ところで、私は、先月の半ば、チネイザンという内蔵をマッサージするトレーニングへ参加していました!

初のボディワークに挑戦。

そして、気がついたことは、チネイザンは、エネルギーワークでもあるということ。

繰り替えしブログでも書いてきたように思いますが、私自身が、約8年前、インナーチャイルドセラピーを始めて1年半くらい経った頃から、子どもの頃からの慢性的な便秘症が解消し、セラピーが2年目に入ったときには、全く便秘ではなくなりました。

私の心の緩みとともに、腸が緩んで、身体のトータルバランスが整ってきたのは明らかでした。

その奇跡に出会ってから、私は、ますます、心の解放に没頭してきたわけですが、確かに、その間に、子どもを産むたびに、私の身体はより強く、健康になってきたと感じます。

私が信頼している助産師さんの話ですが、一般的には、子どもを産むたびに、女性の体力は低下していくそうです。

子ども自身の健康も、下の子になればなるほど、アレルギーがあったり、喘息があったり・・・なんて、嘘か本当かわかりませんが、母親たちの間でいわれていますが、うちの場合は、その真逆。

第一子である長女は、発達障害(PDD)と診断を受け、アレルギーもいくつかあったのですが、一人産むたびに、子どもたちはアレルギーや、それ以外のことから解放されていっています。

一番下の子は、初めて我が家に生まれた、アレルギーなしのネアカ星人w

私たち夫婦と、上2人の子たちの持つネクラな要素を、第三子は、みじんも持っていないように、今は、見えますw

あくまでも、今は、、、の話です。

将来はわかりませんよねw

そんな風にして、心の解放と、体の健康が、比例していることを、ありありと感じてきた9年間でした。

ですから、私にとって、実際に、臓器に触れていくチネイザンは、これまで体感してきたことの総まとめのようなワークでもあり、そこで語られることは、本当に興味深いことばかりでした。

11月頃から、チネイザンのモニターを募っていく予定ですので、それまで、少々お待ちくださいね。

ところで、チネイザンを学んでから、より、自分の臓器に対して意識的になったこの数週間、実は、とっても、面白いことがありましたよ〜!

長くなりそうなので、次に続きます〜^^

つづく

Isha

■イベント情報

福岡&佐世保で大盛況だったタオイストジャーニーは、終盤へ向かい、残すは、火と土のワーク!
10/30-11/3@福岡(筑後川温泉)で開催される、「女神の集いTrilogy with Tarika」は、あなたの中の女神を呼び覚ます贅沢な5days。癒しを超えて、魂のゲートをへとつながるパワフルなリチュアル(儀式)です。人生の変容を迎えようとしているみなさん、ぜひジャンプインしてくださいね!

facebook⇒ https://www.facebook.com/events/1449616258702330/
facebook⇒ http://www.tao-goddess.org/schedule/