∞ サバイバーからスライバーへ

creative-2801970_1920

昨日、この1年間の締めのグループワークと個人セッションが終了しました。

2019年は7日より始動します。

それまでは、メールのお返事などをお待たせするかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

そして、今年も、素晴らしい一年をご一緒できたこと、皆様に心から感謝しています。

約3年前にスタートしたインナーチャイルドグループコースは、今年の4月からHEベーシックコース(ハートエデュケーションベーシックコース)と名前を変えて、心も新たに活動を進めてきました。

出会いは本当に宝です。

チームのみなさんの気づきが、そして、人生そのものが、キラキラと輝きだして、それをみんなで分かち合って、喜びは2倍にも、3倍にもなって、悲しみも安心して表現できて、「自分であっていい」という感覚が、私たちの内側を満たしていきます。

おめでとう❤️12/2 はなひらくvol.4 for チーム逗子
47367305_2247011432248158_7988278470616547328_n 47228530_2002387159843512_8424854491731329024_n-2
47394763_2002386236510271_6650762312464465920_n 47193940_2247011338914834_505966161289019392_n
ご機嫌❤️チャクラ心理学チーム&バースセレブレーション
48950353_2031441070271454_6620601132261572608_n
ビューティフル❤️3月はなひらくvol.3 for チーム東村山 Passion
32387251_2095410430741593_6410336601649446912_n
32440528_2095411280741508_5294917407146508288_n 32350148_2095409957408307_8314983421503864832_o

そうすると、私たちは、もっと深く自分を感じることを許せるから、誰かとも自然にかかわりあえて、感じてはいけない感情や、ダメな出来事などはなくて、問題はなくなるのではなくて、向かい合えるようになって、そして、問題で自分が汚染されるようなことはなく、必要があれば助けを求めることもできるし、委ねていられるから、何が起こっても安心して自分でいられるようになるのです。

ハートエデュケーションの扉を叩く人の多くは「サバイバー」です。

サバイバーとは、過酷な状況を生き抜いてきた人たちのことを言います。

本人たちに、サバイバーの自覚がないところから、ワークはスタートします。

そして、本人たちが、心の謎を解き明かしていくたび、自分がいかにサバイバーであったかという自覚が生まれ、もうこれ以上サバイバーとして生きる必要はないと自らが選択することで、彼・彼女たちがそれまで生きてきた荒廃した世界が、少しずつ輝きを取り戻していきます。

大切な理解は、変化とは一瞬にして生じるわけではなく、少しずつ変遷を遂げながら、気がつくと、数ヶ月前、1年前と全く違う自分を生きていると感じられることこそが、真の変化だということ。

真の変化とは、中毒性のある刺激や快楽によってもたらされるのではなく、草木が成長するようなゆっくりとした成長のプロセスによって訪れるのです。

image

インスタグラムで見つけたこの画像は、それを的確に示していて、チームのfacebookグループでシェアしたところ、みんなで大盛り上がり。


ヒーリング(ハート、身体、マインドにおける)

点線:期待されるもの

実線:実際のもの


 

決して魔法のように一瞬で完璧な人生になるなんてありえませんが、この素敵なグラフのように、変化は確実に起こり始めます。

そして、このプロセスを仲間と分かち合うことで、私たちは勇気をもらえて、励ましあって、自分だけでは気がつけないことが、ギフトのように両手に落ちてくるのです。

hands-1476282_1280

サバイバーであるとき、私たちは、生きることに必死です。

毎日が戦争のようで、息つく暇もなく、心も体も疲れきっています。

そして、ヒーリングが起こるたびに、私たちは目覚めながら、サバイバーを克服していきます。

それを繰り返しながらある段階で、もうサバイブしなくていいことがわかります。

そこから、私たちは、スライバーとして、さらに自分自身を開拓していくことができるのです。

sunset-1012640_1280

スライバー(Thriver)とは直訳すると、成功した人、繁栄した人という意味で、サバイバーに「生き延びる必死さ」という意味があるのに対して、スライバーには「すくすくと育っていく」という意味が感じられます。

つまり、サバイバーを克服して初めて、自分らしい人生がスタートするのです。


より自分らしくあること

日々の生活と人生そのものの質の向上

より繊細にアーティスティックな人生を創造すること

素敵な仲間との出会い

自分が最高に満足できる自己表現

それを誰かに届けられる愛の循環

豊かさと喜び・・・


スライバーの世界には、ここには書ききれないほど、無限の可能性があります。

サバイバーからスライバーへの道のりを支えてくれているシーカー(Seeker ー 探求者)の力を知ることも、外からは見えにくいけれども、ハートエデュケーションセンターの活動の大事な土台であることも事実です。

セラピーや瞑想、ヒーリングを、スライバーとして、あなたの人生の繁栄に利用してください。

サバイバーを克服することは、最低条件です。

そこからやっと、あなたの魂が輝く人生がスタートします。

これからもハートエデュケーションセンターでは、サバイバーたちの傷の回復と、スライバーへの移行をサポートし続けます。

2_02_HEC_LOGO

180127_top1

2019年のハートエデュケーションセンターは、そんなことをより明確にしながら、さらに充実したワークをご提供していく予定です。

みなさんと一緒に、2019年をますますスライブしていけること、とても楽しみにしています。


Pranava Life
ハートエデュケーションセンター代表
川村イーシャ


〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》

PranavaLifeNews

180127_top3ハートエデュケーションセンターでは、人の心と身体と魂のための学びのプログラムをご提供することで、健康と喜びに溢れた人生、豊かさや生きがいを手に入れるためのお手伝いをしています。

IMG_2616