カテゴリー別アーカイブ: [体験談]インナーチャイルド

あの時間の幸福感ったら、涙しかないです・・・

live-1003646_1280
N様(女性)より

イーシャ♡

昨日はありがとうございましたー!

やっぱり体からのアプローチはダイレクトだなって感じました。

昨日もお話しましたが、音楽を聞きながら自由に、すべてを解放して踊れたあの時間の幸福感ったら、涙しかないです。

それにいつもより感覚も敏感になっていたのか、イーシャのアダルトチャイルドの和解の話を聞きながら泣けてきて。(何度も聞いてるのにね) メンバーの一人が「親を理解していた」って話をしてくれた時に、イーシャがそのチャイルドを認めてあげてって言った話もとても印象的でした。

私も、怒ることも泣くことも許されなかったって伝えましたが、あの頃の私は”諦めるしかない”と思っていて。

そうやって、”諦めるしかない”と思い込んだ、そうしないと生きていけないと信じたチャイルドの存在が、すごく切ないのだけれど、「そんな事する必要なんてなかったのに」という言葉をかけるのではなく・・・一見それだってチャイルドを思いやる言葉ではあるけれど、そうではなく、「そうやって必死に生きてきてくれたんだね。」ってただ理解して、感謝を伝える事で、そのずっと諦めてきたチャイルドと和解出来たような、そんな気がして嬉しく感じました。

1day出て本当によかったです♡ 体バッキバキですけど!(笑)

また今後ともどうぞよろしくお願いします♡

インナーチャイルドセラピスト・インタビュー〜因果関係もわからないようなたくさんの変化がありました


ictherapist_bn第2期インナーチャイルドグループワーク@横浜のスタートに合わせて、第2期セラピスト養成講座がスタートします。

インナーチャイルドという言葉は広く知られていますが、実際にどんな風にチャイルドと向かい合うのかは、あまり知られてはいません。

そこで、第1期セラピスト養成講座の参加者さんに、ワークについて、また、ご自身の変化について単刀直入に聞いてみました。

IC2茅ヶ崎A様(男性・30代)

「どうしてインナーチャイルドセラピスト養成講座を受けようと思ったのですか?」

私はもともとスピリチュアルカウンセラーとして、たくさんのお客さまに向き合ってきました。
しかし、チャネリングやリーディングの能力を使って、お客さまに癒しを提供することに限界も感じていました。
スピリチュアルな能力を使って、お客さまに何を伝えられるか、どのように寄り添って、どれくらいの深さの癒しを提供できるかは、結局は自分がどれだけ自分を癒し、自分に寄り添い、自分を知っているかにかかっているのではないかと思いました。
「インナーチャイルドがどういったものなのか」という知識は何となくしか知らなかったので、どういったものかという構造を学びつつ、ワークで実際にチャイルドに触れて自分を癒しながら、将来的にはこのセラピーを他の方に施すことも視野に入れて、この養成講座を受講しています。

「インナーチャイルドワークを受けて、どんな変化がありましたか?」

私はグループよりも個人セッションの方を数カ月早く始めていました。初めての個人セッションの時に「これから私の中のチャイルドと会ってゆきます」という儀式のようなことをしてから、たくさんのチャイルドの存在を意識して過ごしました。そうするうちに、私の中のたくさんのチャイルドたちが解放できずにずっと抱えてきた気持ち、虚しさや悲しさや怒り、罪悪感や恐れなどが湧き出てきて、そういった感情を本当にリアルに感じました。正直、こういった気持ちをリアルに感じることは、とてもとてもしんどいです。でも、この気持ちをずっと感じていたのにもかかわらず、それを表現せずに過ごしてきたチャイルドたちへの敬意や感謝の気持ちも同時に感じることができました。そうしてチャイルドたちと出会っていって、対話をして、一つになってゆくたびに、とても現実的なたくさんの変化がありました。

たとえば、個人セッションを始めてすぐ、私は目の手術をしました。結果には3パターンの可能性があったのですが、一番可能性が低いと思っていた最良の結果を得ることができたり、引越したい地域になかなか物件がなくて困っていたのですが、個人セッションでチャイルドと会った二日後に、とても気に入っている今の物件が急に出てきたり、あるセッションでは、「大人にとっても憧れている」チャイルドと会って一つになって、瞑想を終えると、少し声が低くなっていたり、、、

そんな風に、自分の中に眠っている感情を押さえつけるパワーって、実は大変なエネルギーで、そのエネルギーを「もうそっちに使わなくて大丈夫だよ」と解いてあげるだけで、ちょっと因果関係もわからないようなたくさんの変化がありました。

「セッション前は、インナーチャイルドについて、どう思っていましたか?」

知識は何となくは知っていたのですが、そこに自分で手を入れて、癒すことが自分にできるのかどうか不安でした。
しかし、自分が抱えている多くの得体のしれない感情に触れることなしに、自分を生きることなんてできないのではないかという気持ちもあって、セッションを受ける決意をしました。

「グループでの授業はどうですか?」

私は新宿と、茅ヶ崎でのグループワークに参加していますが、インナーチャイルドがどういうものなのか、どんな過程で生まれるのか、またそれを守っているアダルトチャイルドの存在についてなど、チャイルドの構造をテキストに沿って学んでいます。また、グループでできるワークもしています。

「個人セッションはどうですか?」

個人セッションでは主に、直近で起こった出来事から、それに関連するチャイルドと出会う瞑想をして、出てきたチャイルドと対話をして、身体の一部になってもらうワークをしています。
また、グループではシェアしづらいような個人的な話も聞いてもらっています。グループだけではなかなかシェアリングの時間が足りないこともあって、個人セッションがあることで、よりたくさんのチャイルドと会いやすいと思っています。

「どんなセラピストに目指したいですか?」

自分のインナーチャイルドと出会ってゆく道は、多くに人にとって、たくさんの感情に触れてゆく道になることと思います。そして、それらの感情を思い出すほど、日常が鮮やかに変わってゆきます。

まず私が人として自身の豊かな感情と共にありながら、クライアントさんの中にあるどんな感情も受け止めて、共感したいです。 そして、インナーチャイルドセラピストの活動を通じて、たくさんのクライアントさんが自分を取り戻して、彩りに満ちた生活を送るお手伝いができたらいいなと思っています。


インナーチャイルドについての理解は、セラピーやヒーリングの基本中の基本です。

どんなセラピーをしていたとしても、このワークについて理解することは、セラピストとしての質を高めます。

様々な素晴らしい癒しの手法があり、セラピストという職業が注目されている中で、クライアントにあなたを選んでもらうためには、自分自身を磨き、視野を広く、深く、高く、持ち続けてることが大切です。

インナーチャイルドワークは、セラピストやヒーラーが、視野を拡大する手助けをします。

そして、なにより、仕事、プライベートを問わず、自分自身が統合されて、人生が豊かに輝きます。

質の良い癒しとは、そんな自らが個人として輝いているセラピストからもたらされるのです。

ヒーリングやセラピーは「何を受けるかではなくて、誰から受けるのか」が重要です。

インナーチャイルドについての理解を深められたスピリチュアルカウンセラーのAさんの今後のご活躍が楽しみですね❤️

川村イーシャ

《お申し込み&お問い合わせ》
Pranava Life presents
Isha Inner Wisdom
インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

【体験談】歯がゆい思いをしながらも、いただいたメッセージを大事な指南書として一歩一歩歩んできました。

watercolor-portrait-1050712_1280
J様(女性)より

イーシャさんに以前、ガイドスピリットからのメッセージを頂いたのは、2014年2月 ハイヤーセルフからのメッセージをいただいたのは、2014年10月のことでした。

自分や他人をジャッジすることをやめ、喜びや自分の真実を生きなさい。しかし、真実への道を歩くこと
は実はとてもハードなこと・・・これまで守ってきたたくさんの自分の枠を外した先に、真実への道があります。欠乏感からの学びをやめ、すべての感情をゆるすこと。そして自分だけ、の人生を喜びに向かって生きましょう…このようなメッセージをいただきました。

ジャッジしないってどういうことだろう?欠乏感からの学びをやめる、というのはどういう意味だろう?枠を外すって何?喜びに向かう道が、なぜハードなんだろう?

当時の私は、メッセージを自分の実感として受け止めることができませんでした。頭が?マークで一杯になりました(笑)

けれど、これが私にとって大切なメッセージだということは直観で分かりました。
このいただいたメッセージがスタートとなり、今日まで、メッセージの探求を続けてきました。

一向に分からず、変われず、歯がゆい思いをしながらも、いただいたメッセージを大事な指南書として一歩一歩歩んできました。

その中で、私も気功に出会い、陰も陽もどちらも大切であること。私は陽ばかり見て、陰にフタをしてきたことに気づきました。
また、インナーチャイルド(内なる子ども)のほかに、インナーペアレント(内なる親)という存在がいて、どうやら私は、内なる親がとても手厳しいらしい(^^;ということにも気づきました。
インナーペアレントが、インナーチャイルドを受容的に受け止めることができるようになることが、ジャッジしない自分に変容する鍵なのではないだろうか、と感じました。
そのようなことを感じるようになると、さっそく、これまで全く意識したことのなかった、エゲツナイ自分(>_<)の存在が出てくるようになりました。 先日のスカイプセッションでも、火星、おひつじの自分が本性だということでしたが、そのような、負けず嫌いで、怒りっぽくて、人から賞賛されるのを望んでいて、腹黒いところもある自分というのは絶対に認めたくなくて自分には存在しない、と思いたかったのですが、残念ながら、そういう濃ゆいキャラが私の大半を占めているようです(^^; 私は、これまで相当ないい人を演じてきたのですが、真実は、真逆だったのかあ(>_<) これが、メッセージの中にあった、「真実を受け止めるのは実はハード」という意味なのかもしれないなあと思いました。
理想の自己像と、かけ離れすぎ(笑)
「理想の自己像」というのが、メッセージの中にあった「枠」なんだろうなあと思います。理想、が崩れ、エゲツナイ自分が露わになる(涙)

まだまだいやだ〜と枠にしがみつこうとする自分がいますが、真実に向かって、自分なりの歩みを進めていこうと思っています。

そんな中で、今回、このスカイプセッションに出会い、私の好奇心一杯のインナーチャイルドが、ぜひ参加したい♪と興奮していたので(最近ピンピンしています(^^;)、ビビりながら(笑)参加させていただきました。

イーシャさんの、自分への向き合い方として、「高次の自分と低次の自分、両方にアプローチしていく」こと、そして低次の自分、インナーチャイルドを癒すときに、「アダルトチャイルドをケアしていくこと」が大切である、というお話を聞き、それは、もしかして、これまで、試行錯誤しながら私がやってきたことではないだろうか、と思いました!
全く途方にくれながら、手探りでやってきて、やってきたことをイーシャさんに言語化していただいたような、そんな気持ちになりました。

人は、自分というフィルターからしか他人を見れない。癒し手になるには、まず自分のインナーチャイルドを癒し切ること、自分を探求し続ける努力をしていくこと。

私もいつか、インナーチャイルドの手法を取り入れた、癒し手になることが、夢です!

新月の大きな節目の日に、とても貴重な経験ができたことに感謝の気持ちで一杯です。

【体験談】チャイルドと出会って一つになっていくたびに、自分の振る舞いや周りの状況が変わっている・・・

love-618238_1280

A様(30代・男性)

私は去年まで、スピリチュアルカウンセラーとして活動してきました。ですがリーディングやチャネリングをすることはできても、本当の意味でクライアントさんによりそい癒すためには、まず自分が自分を癒していなければ、より良いカウンセリングができないと感じていました。

普段の生活の中でもたまに襲ってくる、恐怖や怒りや悲しみや罪悪感、正体もわからないような空しさに、自分が寄り添って、もっともっと自由になりたいと思って、このインナーチャイルドセラピスト講座を受講しています。

講座を受講し始めてから半年くらい経って、少しづつですが、自分から湧き上がる感情を冷静に捉えて向き合うことができるようになってきていると感じています。そして同時に、チャイルドと出会って一つになっていくたびに、自分の振る舞いや周りの状況が変わっていることも感じています。

この講座を受講することで、少しづつ、でも確実に変わってゆく自分を体験できると思います!一緒にがんばっていきましょう!

【体験談】心へのいわば漢方療法・・・

love-1120294_1280
H様(30代・男性)より

 

インナーチャイルドワークを継続して受ける事は、心へのいわば漢方療法とも言えるような気がしました。

 

短時間で劇的なマジックを期待するような外科的な西洋的なアプローチではなく、自分自身を繰り返し見つめ直す事によっ て自分自身で自分自身の心の器を広げていく。

 

心の自己治癒力を高めるような療法、ワークではないかなぁと。

 

それは一朝一夕の変化ではありませんが、その一つ一つの丁寧で、時に苦しく地道なアプローチを重ねながら、アプローチ前の以前の自分の価値観を振り返ると、自分自身の根本がまるですっかりと入れ替わっている事に気づかされました。

 

自分の場合、光と闇、正義と悪、成功と失敗。。。目の前に起こる状況一つ一つに一喜一憂したり、どこか厳しくジャッジする自分がいました。

 

インナーチャイルドを通して自分自身を見つめていくときに、それらすべてがどちらも自分に「ある」事に気づき、それを受け入れる心のゆとりが自然とできるようになり、自 分を取り巻く世界は少しずつ少しずつ明るさと優しさ、平和を取り戻していくようでした。

 

だからとっても生きやすいんですね。

 

そして今後の人生を歩んでいく上での核というか芯がスッと確実に収まった感じです。

 

それらはもうどこかに行ってしまう事はないという、揺るぎない確信と共に。

 

インナーチャイルドワークは何か解りやすい心の問題を抱えた一部の特定の人にだけ必要な特別なアプローチなどではなく、全ての人にとって、、、本来の自分を知り、自分らしい人生を歩みたいと願う全ての人にとって大切なワークだと思います。

 

ですから、このインナーチャイルドとの和解の過程は人間として生きている間にずっと継続して続けていくものかもしれません。

 

これからも人生のあらゆるステージ、ステップに合わせて、インナーチャイルドとの関わりを大切にし、新たな自分探し、そこにある輝かしい光と深遠なる闇を自分のうちに探していきたいと思っています。
P5064233

・・・私の中に受け取る用意が出来たから、宇宙が今日時をくれたのかな・・・

Cさま(60代/女性)より

今日はかけがえのない貴重な時を与えて頂き有り難うございます。

渇望して止まなかった父の愛はふんだんに与えられてあり、私の人格の基盤は、共に今生を生きた父からのギフト。

会いまみえることなく戦争で南の海に散った父が無念の思いを手放し、光の中へ帰って行けたこと。

感謝感謝です。

私の坙の中にずっとすんでたチー坊が大泣きしてくれたら、胸の当たりがすっきりして喉の詰まりがなくなりました。

不思議です。

気管支系がずっと弱かったのです。

二回目のレインボー塾のあとも、一晩中夢うつつの中で口から黒い靄を吐いていたし 、今日のセッションでパズルのピースがぴたっとはまった感じです。

次回のレインボー塾も何が起こるかワクワクドキドキです。

イーシャさんという導き手に出逢え、とても嬉しい。

この出逢いも必然で、私の中に受け取る用意が出来たから、宇宙が今日時をくれたのかな、と思いました。

イーシャさんの深い声に導かれ、これからも一歩一歩進んで生きます。

宜しくお願い致します。

なおかえは乗り換えも順調で5時10分には自宅着。

寒いのでまず雨戸を締め、準備していたお鍋を温め、6時には夕食になり夫も機嫌良く過ごしました。

本当に今日は有り難う。

海

最大の「弱点」こそが、これからの僕の「強み」・・・

Hさま(30代/男性)より

昨日のセッションの録音も改めて聞き直し、非常に非常に大切な点が浮き彫りになったセッションで、今回のご縁に大変感謝しております。
自分が独立し、なぜ仕事が突然上手くいかなかったのか、それは方向性を再検討させる為なのか?という点ばかり考えてしまったのですが、以前より気になっていたインナーチャイルド、忘れていた自分の中のアダルトチャイルド達が必死に先に進むのを食い止めていたのかもしれません。
「まだここに僕達がいるよ~」「このまま進みたくないよ~」と。
それで、これからの生活、ビジネスにおいても取り組むべき大きな課題と言う事が良く解りましたので、引き続きインナーチャイルドの癒しに重点をおいて、またセッションをお願いしたいなと思っております。

また、僕自身も色々なスピリチュアル分野を提供されていらっしゃる方にお会いしましたが、イーシャが自分自身の深くを本当に良く癒されているという事が、お会いして良く解りました。
ご自分をしっかり癒されているので、自然体ですし、その言葉に現れる心の愛というものもスッと入ってきました。
だからヒロシ君も、出てきてくれたんだと思います(笑)

これからの社会、どんな立場でどんな仕事をするにしても、「自分を癒す」事が出来ている人、未着手の人は、その結果というものや、周りの方に与える影響というものも大きく変わってくるのかもしれないと感じました。

僕自身これからビジネスに向き合う男性にスピリチュアルな視点を伝えて、応用して頂く事をしたいと思っていますが、僕自身も自分の心の深くに今も傷ついたままでいるチャイルド達を『癒す』体験をしっかりして、それをお伝えしていく事もとっても大切なんだという事が解りました。
ハイヤーセルフのアドバイスも、いつも以上に具体的なものが多かったと後から感じました。
そして、的確に今の課題、取り組むべき事、そして不動産という仕事への取り組み方というものをしっかりと示して頂いた気がします。

また、自分が親からの体罰を含む厳しい教育や、一般的な社会的な基盤(学歴や、就職)というものを捨て去った半出家的な人生構築をさせられてきたという最大の「弱点」こそが、これからの僕の「強み」になるという言葉がとてもとても励みになり、前に進もうという力の源となっています。
純度の高い、そして愛に満ちたハイヤーセルフのチャネリングメッセージも本当にありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体の背面全体になんともいえない力

5.K.T.さま(女性)より

光のシェルターのセッションをお願いしました。
誘導瞑想もはじめてで
なおかつチャネリングもはじめて
イーシャさんとの出会いもはじめて…
かなり緊張したままセッションへ向かいました。
自分自身、これから体験するであろうことが頭ではわかってても実際には
まったく分かっていないそんな状況でした。

いくつかあるアプローチからイーシャさんに選んでいただいたのは、、、
インナーチャイルドとの出会いでした。正直ドキドキでしたが、このことがいかに私にとって重要なことで、
すべての核になっているのかは感じていたので、うれしく感じました。

初めての誘導瞑想。うまくいくのか。どうなるのか。。。
緊張は高まっていましたがしっかり光のシェルターを感じることができました。そして
イーシャさんの声に導かれながら、
ハイヤーセルフに出会うことができました。この感覚は言葉では言い表せないのですが体の背面全体になんともいえない力を感じました。
そしてインナーチャイルドに出会うことができ、涙がながれました。
こんな出会いがあるんだ。自分の中の内なるこども。
すばらしい体験でした。

そしてハイヤースピリットに導かれ、過去生でありガイドスピリットに
出会いました。

本当にすばらしいすばらしい体験でした。
ただただそう感じる不思議な時間でした。

イーシャさんとのご縁に感謝いたします。ありがとうございました。