カテゴリー別アーカイブ: 体験談

産道の入り口に立ったとき、やっぱりちょっと怖い、と思いました

foot-1322428_1280

私たちの多くは、誕生やお産という、本来なら祝福されるべき命の始まりの瞬間を、なぜか恐れています。

それは、お産は痛い、辛い、苦しい・・・というイメージから、やってきているのでしょう。

だけど、本来お産は、とても心地よいもので、オーガズムの境地まで達成可能であるという説が徐々に知られ始めています。

すべての人の命の始まりであるお産が、今のように人工的であったり、痛みや苦しみに支配されていなければ、人は、より自由に愛に溢れて生きていけるのだという説に、私も深く頷きます。

だとして、母親の痛みによって生まれた多くの子どもたちが、人生の最後まで、自分の誕生の瞬間を恐れて生きていく必要はありません。

自分の誕生を恐れ、また、死を恐れているならば、その間に流れる人生というメロディは、恐怖のメロディでしかないのです。

まず、あなたの誕生に向かい合い、祝福しましょう!

そして、この人生というメロディを、あなたらしい美しい旋律で奏でてみましょう。

祝福されたあなたの命からは、祝福された人生が始まるんです。

そして、最後に迎える死の門は、魂の新しいステージへの祝福だと、気がつけるでしょう。

10/22(土)開催のバースセレブレーションで、人生のあらゆる瞬間に、祝福の光を届けましょう❤️


A様(男性/30代)より

私は出生の時、30週で破水をして、双子で生まれました。1350gで生まれて、すぐに保育器に入れられて生死をさまよいました。一緒に生まれた双子の妹は1週間で亡くなってしまいました。

そんな出生だったので、ワークをする前、私はさぞかし生まれたくなかったのだろう、怖かったのだろう、そんな先入観がありました。

参加者が列になって産道を作って、産道の入り口に立ったとき、やっぱりちょっと怖い、と思いました。生まれたくないって。生まれてもいいのかなって。

でも狭くて暗い産道をくぐり始めると、チャレンジ精神というか、「おっしゃ!生まれたる!くぐり切ったる!」と力が湧いて、ただただ前に進んでいました。産道はものすごく狭くて進みずらいのですが、みんなに励まされながら、そんな勇気とともに、がしがしと進んでいきました。

そして産道をぐぐりきった時、こうして自分は生まれたんだなって、こんな力強い気持ちで、強い意志とともに生まれてきたんだな、そんなことを感じ、大きな感動に包まれました。

どうして自分は生まれてきたんだろう、生きていかなければならないんだろう、どこか諦めのような、倦怠感のような気持ちのずーっと奥にある、生に対する渇望、喜び、生きているということの奇跡、そんな原始的な喜びを体験しました。

BirthCeleb

*10/22 Birth Celebration with Isha*

イーシャによる、Birth Celebration!

生をもってこの世に存在している、全ての人が通過した「誕生」という大事業。

けれども、大人になったほとんどの人は、子宮の中の記憶、産道を通ってこの世に生まれ出た記憶を忘れています。

このワークは、子宮の中の温かく守られていた時の記憶、もう一度生まれ出る経験を通して、本質的な自分の生命エネルギーや愛につながります。

今、現実世界で何かうまくいっていないことがある

やりたいことがみつけられない

両親の愛を感じられない、恋人や友人との関係を深めたい

また、「出産・誕生」といったキーワードがなぜか気になるかたはこのワークがヒントになるかもしれません。

Birth Celebrationは女性だけが子宮を感じるワークではありません。これまでの回には男性も参加されています。性別を問わず、気になるかたはぜひご参加ください♪

☆前回までのご感想・体験談☆

前回同様、午前中にダイナミック瞑想があるほか、今回はバースセレブレーションの最後にクンダリーニ瞑想を予定しています。

朝の瞑想、ダイナミックから始まり、夕方の瞑想クンダリーニで終わる。自分と向き合う特別な一日を一緒に体験しませんか。

【*ベビ待ちさんへ*】

赤ちゃんにやってきてほしいと思っている方は、地球に降りてきたいと待機している存在と契約を交わす儀式をしますので、個別にお申し付けください。

すべて、ワークの中で行うので、追加料金などはかかりません。

オーガナイザー・菊池幸子

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ダイナミック瞑想~バースセレブレーション
2016年10月22日(土)

*ダイナミック瞑想
9:20 open
9:30~10:30

*バースセレブレーション
12:45 open
13:00~18:00

【参加費】
ダイナミック瞑想のみ 1,500円
バースセレブレーションのみ 8,000円
(リピートの方 7,000円)

両方にご参加 9,000円
(リピートの方 8,000円)

【場所】
JR根岸線本郷台駅すぐ
※ご参加の方に詳細をご連絡いたします。

※託児室をご利用いただけます。
お子さん連れの方はお知らせください。

【お申し込み&お問い合わせ】

ご参加の方は、メールまたは、メッセージでお知らせください。
pokok_hapi@yahoo.co.jp(菊地)

・ご参加のワーク
(ダイナミック瞑想・バースセレブレーション・両方)
・お名前
・ご連絡電話番号
・メールアドレス
・赤ちゃんとの契約の儀式をご希望の方はその旨お知らせください。

※参加ボタンのみでは受付となりませんのでご注意ください

*おやつと飲み物のご用意があります。

*妊婦の方は、生まれ変わりのワークには、ご参加いただけません。前半までのご参加ののち、後半は、ゆったりとくつろいで、スペースのエナジーを味わってお過ごしください。

【バース・セレブレーションの効果】

・バーストラウマの癒し

・インナーチャイルドの癒し

・セクシャリティへの恐れを手放す

・ボディとのつながりを深める

・セクシャリティの理解

・誰も教えてくれない「あなたらしさ」を取り戻す

・恋人、家族、友人との人間関係のほつれを解く

・孤独から抜け出し、他人にも自分にも親密さを取り戻す

・あと一歩前に進むための勇気を手に入れる

・喜びとくつろぎを感じ、豊かな人生を生きる

【ダイナミック瞑想とは】

Oshoの体を動かしながら行うアクティブ瞑想。
ダイナミック瞑想は、早朝に行ない、一日の活力を得るための瞑想です。

*ダイナミック瞑想
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/dynamic-meditation

【クンダリーニ瞑想とは】

クンダリーニ瞑想は、日没時、あるいは午後の遅い時間に行なう瞑想で、Oshoダイナミック・メディテーションの「姉妹の瞑想」として知られています。
一日の終わりに緊張をほどいて手放しになるための効果的な瞑想です。

*クンダリーニ瞑想
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/kundalini-meditation

インナーチャイルドセラピスト・インタビューvol.2〜あーこの仲間は本当にありがたい存在だとつくづく思います

icwork2

現在セラピスト養成講座に参加されているEさん(女性)は、援助職として勤務しながら、これまで、アートセラピーを学んだり、各種講座で心について探求されてきました。

そんなEさんが、セラピスト養成講座に参加してから半年が経ちました。

そこで、この半年間をふりかえってEさんにインタビューをしてみました。


woman-591576_1920「どうしてインナーチャイルドセラピスト養成講座を受けようと思ったのですか?」

友人の誘いが一番大きいですが、それだけでは説明がつかないです。他にも色々なワークや講座のお誘いはあったのですが、断る事が多かったからです。じゃあ何故講座を受けたのか?それまでインナーチャイルドって言葉もよく知らないまま、ただ面白そう!それだけだった様に思います。

「インナーチャイルドワークを受けて、どんな変化がありましたか?」

インナーチャイルドの講座を受けてから、私は色々と現実に変化がありました。とても自然な流れで、避ける必要はなかったことですが、大切な人と離れたことが一番大きかったし、こんな辛いなら止めとけば良かった?なんて、実は悲観的になりそうな時もありましたが、自分の直感を信じて始めた事が間違っていたとは思いたくない。自分を信じたい!と思って続けています。私の家族にも変化がありました。突然家族みんなで断捨離計画が持ち上がり、今家中が片付き始めていて、部屋を片付けをしたりしながら、自分達がそれぞれ自分をしっかりと持っている。そんな感じがしています。

「セッション前は、インナーチャイルドについて、どう思っていましたか?」

自分の子どもの頃の記憶を辿りながら辛かった頃を癒すのかな?と、あまり深くは分からなかったので、知らない事を教えて貰えるワクワクの方が強かったです。

「グループでの授業はどうですか?」

グループの授業はとても楽しいです。それぞれの深い話に触れて、一緒に苦しくなったり、泣いたり、笑ったりしながら、あーこの仲間は本当にありがたい存在だとつくづく思います。自分の話も真剣に耳を傾けてくれて、個人では味わえないグループならではの良さを味わっています。

「個人セッションはどうですか?」

個人セッションは、やはりグループでは話し足りない事や、個人的に聞いて欲しい事。なにより自分のインナーチャイルドに触れられる事が一番の醍醐味です。正直言って本当に会えるの?と不安が大きかったですが、イーシャさんの導きで心からお任せします!!って気持ちでリラックス出来て毎回気づきがあります。正直涙の意味も分からず、ただただ涙が出たり、深い眠り?(一応意識はありますが)に入ったりと、あちらの世界と繋がったようなそんな気持ちになります。

「どんなセラピストを目指したいですか?」

私は今までセラピストになる事すらあまり深く考えていませんでしたが、今回インナーチャイルドを学びながら少しずつですが分かってきた事。それは「私の経験や考えを素直に自分の言葉で伝えて、私の生き方を見せる事」かなと思います。私は子どもの頃から沢山の経験をしてきました。自分が不幸で周りのみんながいつも羨ましくて。ずっとそんな気持ちが抜けませんでした。facebookでちょうどある記事を読んで、あーやっぱりそれでいいんだなーって思いました。そして「自分を好きになる」講座を開きたいです。そんな目標も出来ました。


Eちゃんとの個人セッションは、本当に毎回濃厚な旅です。
Eちゃんは、回を重ねるごとに、ご自身の中心軸を取り戻して、その軸によって回転数を早め、遠心力で余分なものを吹き飛ばしながら、エネルギー的にどんどん軽く、そして、美しく変容し続けていらっしゃいます❤️
本当のEちゃんに近づいている・・・、そんな印象を受けるほど。
変化がハプンするときは、ときに痛いです。
だけども、Eちゃんのハートと体が、知っているんですね。
これが、自分の真実の道だってことを。
現実が、どんどんそれを証明してくれます。
現実は常に、内側の結果。
14479743_1123116337770603_4742713201172210666_n

Eちゃんの現実が、これからますます、Eちゃんらしく、花開いていきますように❤️

Eちゃんの笑顔と、Eちゃんのピュアな感覚が、ただ、そのまま、そこにあり続けますように。
らぶ
川村イーシャ

 横浜・新宿・スカイプグループはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。
icyokohama

あの時間の幸福感ったら、涙しかないです・・・

live-1003646_1280
N様(女性)より

イーシャ♡

昨日はありがとうございましたー!

やっぱり体からのアプローチはダイレクトだなって感じました。

昨日もお話しましたが、音楽を聞きながら自由に、すべてを解放して踊れたあの時間の幸福感ったら、涙しかないです。

それにいつもより感覚も敏感になっていたのか、イーシャのアダルトチャイルドの和解の話を聞きながら泣けてきて。(何度も聞いてるのにね) メンバーの一人が「親を理解していた」って話をしてくれた時に、イーシャがそのチャイルドを認めてあげてって言った話もとても印象的でした。

私も、怒ることも泣くことも許されなかったって伝えましたが、あの頃の私は”諦めるしかない”と思っていて。

そうやって、”諦めるしかない”と思い込んだ、そうしないと生きていけないと信じたチャイルドの存在が、すごく切ないのだけれど、「そんな事する必要なんてなかったのに」という言葉をかけるのではなく・・・一見それだってチャイルドを思いやる言葉ではあるけれど、そうではなく、「そうやって必死に生きてきてくれたんだね。」ってただ理解して、感謝を伝える事で、そのずっと諦めてきたチャイルドと和解出来たような、そんな気がして嬉しく感じました。

1day出て本当によかったです♡ 体バッキバキですけど!(笑)

また今後ともどうぞよろしくお願いします♡

インナーチャイルドセラピスト・インタビュー〜因果関係もわからないようなたくさんの変化がありました


ictherapist_bn第2期インナーチャイルドグループワーク@横浜のスタートに合わせて、第2期セラピスト養成講座がスタートします。

インナーチャイルドという言葉は広く知られていますが、実際にどんな風にチャイルドと向かい合うのかは、あまり知られてはいません。

そこで、第1期セラピスト養成講座の参加者さんに、ワークについて、また、ご自身の変化について単刀直入に聞いてみました。

IC2茅ヶ崎A様(男性・30代)

「どうしてインナーチャイルドセラピスト養成講座を受けようと思ったのですか?」

私はもともとスピリチュアルカウンセラーとして、たくさんのお客さまに向き合ってきました。
しかし、チャネリングやリーディングの能力を使って、お客さまに癒しを提供することに限界も感じていました。
スピリチュアルな能力を使って、お客さまに何を伝えられるか、どのように寄り添って、どれくらいの深さの癒しを提供できるかは、結局は自分がどれだけ自分を癒し、自分に寄り添い、自分を知っているかにかかっているのではないかと思いました。
「インナーチャイルドがどういったものなのか」という知識は何となくしか知らなかったので、どういったものかという構造を学びつつ、ワークで実際にチャイルドに触れて自分を癒しながら、将来的にはこのセラピーを他の方に施すことも視野に入れて、この養成講座を受講しています。

「インナーチャイルドワークを受けて、どんな変化がありましたか?」

私はグループよりも個人セッションの方を数カ月早く始めていました。初めての個人セッションの時に「これから私の中のチャイルドと会ってゆきます」という儀式のようなことをしてから、たくさんのチャイルドの存在を意識して過ごしました。そうするうちに、私の中のたくさんのチャイルドたちが解放できずにずっと抱えてきた気持ち、虚しさや悲しさや怒り、罪悪感や恐れなどが湧き出てきて、そういった感情を本当にリアルに感じました。正直、こういった気持ちをリアルに感じることは、とてもとてもしんどいです。でも、この気持ちをずっと感じていたのにもかかわらず、それを表現せずに過ごしてきたチャイルドたちへの敬意や感謝の気持ちも同時に感じることができました。そうしてチャイルドたちと出会っていって、対話をして、一つになってゆくたびに、とても現実的なたくさんの変化がありました。

たとえば、個人セッションを始めてすぐ、私は目の手術をしました。結果には3パターンの可能性があったのですが、一番可能性が低いと思っていた最良の結果を得ることができたり、引越したい地域になかなか物件がなくて困っていたのですが、個人セッションでチャイルドと会った二日後に、とても気に入っている今の物件が急に出てきたり、あるセッションでは、「大人にとっても憧れている」チャイルドと会って一つになって、瞑想を終えると、少し声が低くなっていたり、、、

そんな風に、自分の中に眠っている感情を押さえつけるパワーって、実は大変なエネルギーで、そのエネルギーを「もうそっちに使わなくて大丈夫だよ」と解いてあげるだけで、ちょっと因果関係もわからないようなたくさんの変化がありました。

「セッション前は、インナーチャイルドについて、どう思っていましたか?」

知識は何となくは知っていたのですが、そこに自分で手を入れて、癒すことが自分にできるのかどうか不安でした。
しかし、自分が抱えている多くの得体のしれない感情に触れることなしに、自分を生きることなんてできないのではないかという気持ちもあって、セッションを受ける決意をしました。

「グループでの授業はどうですか?」

私は新宿と、茅ヶ崎でのグループワークに参加していますが、インナーチャイルドがどういうものなのか、どんな過程で生まれるのか、またそれを守っているアダルトチャイルドの存在についてなど、チャイルドの構造をテキストに沿って学んでいます。また、グループでできるワークもしています。

「個人セッションはどうですか?」

個人セッションでは主に、直近で起こった出来事から、それに関連するチャイルドと出会う瞑想をして、出てきたチャイルドと対話をして、身体の一部になってもらうワークをしています。
また、グループではシェアしづらいような個人的な話も聞いてもらっています。グループだけではなかなかシェアリングの時間が足りないこともあって、個人セッションがあることで、よりたくさんのチャイルドと会いやすいと思っています。

「どんなセラピストに目指したいですか?」

自分のインナーチャイルドと出会ってゆく道は、多くに人にとって、たくさんの感情に触れてゆく道になることと思います。そして、それらの感情を思い出すほど、日常が鮮やかに変わってゆきます。

まず私が人として自身の豊かな感情と共にありながら、クライアントさんの中にあるどんな感情も受け止めて、共感したいです。 そして、インナーチャイルドセラピストの活動を通じて、たくさんのクライアントさんが自分を取り戻して、彩りに満ちた生活を送るお手伝いができたらいいなと思っています。


インナーチャイルドについての理解は、セラピーやヒーリングの基本中の基本です。

どんなセラピーをしていたとしても、このワークについて理解することは、セラピストとしての質を高めます。

様々な素晴らしい癒しの手法があり、セラピストという職業が注目されている中で、クライアントにあなたを選んでもらうためには、自分自身を磨き、視野を広く、深く、高く、持ち続けてることが大切です。

インナーチャイルドワークは、セラピストやヒーラーが、視野を拡大する手助けをします。

そして、なにより、仕事、プライベートを問わず、自分自身が統合されて、人生が豊かに輝きます。

質の良い癒しとは、そんな自らが個人として輝いているセラピストからもたらされるのです。

ヒーリングやセラピーは「何を受けるかではなくて、誰から受けるのか」が重要です。

インナーチャイルドについての理解を深められたスピリチュアルカウンセラーのAさんの今後のご活躍が楽しみですね❤️

川村イーシャ

《お申し込み&お問い合わせ》
Pranava Life presents
Isha Inner Wisdom
インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

【体験談】歯がゆい思いをしながらも、いただいたメッセージを大事な指南書として一歩一歩歩んできました。

watercolor-portrait-1050712_1280
J様(女性)より

イーシャさんに以前、ガイドスピリットからのメッセージを頂いたのは、2014年2月 ハイヤーセルフからのメッセージをいただいたのは、2014年10月のことでした。

自分や他人をジャッジすることをやめ、喜びや自分の真実を生きなさい。しかし、真実への道を歩くこと
は実はとてもハードなこと・・・これまで守ってきたたくさんの自分の枠を外した先に、真実への道があります。欠乏感からの学びをやめ、すべての感情をゆるすこと。そして自分だけ、の人生を喜びに向かって生きましょう…このようなメッセージをいただきました。

ジャッジしないってどういうことだろう?欠乏感からの学びをやめる、というのはどういう意味だろう?枠を外すって何?喜びに向かう道が、なぜハードなんだろう?

当時の私は、メッセージを自分の実感として受け止めることができませんでした。頭が?マークで一杯になりました(笑)

けれど、これが私にとって大切なメッセージだということは直観で分かりました。
このいただいたメッセージがスタートとなり、今日まで、メッセージの探求を続けてきました。

一向に分からず、変われず、歯がゆい思いをしながらも、いただいたメッセージを大事な指南書として一歩一歩歩んできました。

その中で、私も気功に出会い、陰も陽もどちらも大切であること。私は陽ばかり見て、陰にフタをしてきたことに気づきました。
また、インナーチャイルド(内なる子ども)のほかに、インナーペアレント(内なる親)という存在がいて、どうやら私は、内なる親がとても手厳しいらしい(^^;ということにも気づきました。
インナーペアレントが、インナーチャイルドを受容的に受け止めることができるようになることが、ジャッジしない自分に変容する鍵なのではないだろうか、と感じました。
そのようなことを感じるようになると、さっそく、これまで全く意識したことのなかった、エゲツナイ自分(>_<)の存在が出てくるようになりました。 先日のスカイプセッションでも、火星、おひつじの自分が本性だということでしたが、そのような、負けず嫌いで、怒りっぽくて、人から賞賛されるのを望んでいて、腹黒いところもある自分というのは絶対に認めたくなくて自分には存在しない、と思いたかったのですが、残念ながら、そういう濃ゆいキャラが私の大半を占めているようです(^^; 私は、これまで相当ないい人を演じてきたのですが、真実は、真逆だったのかあ(>_<) これが、メッセージの中にあった、「真実を受け止めるのは実はハード」という意味なのかもしれないなあと思いました。
理想の自己像と、かけ離れすぎ(笑)
「理想の自己像」というのが、メッセージの中にあった「枠」なんだろうなあと思います。理想、が崩れ、エゲツナイ自分が露わになる(涙)

まだまだいやだ〜と枠にしがみつこうとする自分がいますが、真実に向かって、自分なりの歩みを進めていこうと思っています。

そんな中で、今回、このスカイプセッションに出会い、私の好奇心一杯のインナーチャイルドが、ぜひ参加したい♪と興奮していたので(最近ピンピンしています(^^;)、ビビりながら(笑)参加させていただきました。

イーシャさんの、自分への向き合い方として、「高次の自分と低次の自分、両方にアプローチしていく」こと、そして低次の自分、インナーチャイルドを癒すときに、「アダルトチャイルドをケアしていくこと」が大切である、というお話を聞き、それは、もしかして、これまで、試行錯誤しながら私がやってきたことではないだろうか、と思いました!
全く途方にくれながら、手探りでやってきて、やってきたことをイーシャさんに言語化していただいたような、そんな気持ちになりました。

人は、自分というフィルターからしか他人を見れない。癒し手になるには、まず自分のインナーチャイルドを癒し切ること、自分を探求し続ける努力をしていくこと。

私もいつか、インナーチャイルドの手法を取り入れた、癒し手になることが、夢です!

新月の大きな節目の日に、とても貴重な経験ができたことに感謝の気持ちで一杯です。

【体験談】チャイルドと出会って一つになっていくたびに、自分の振る舞いや周りの状況が変わっている・・・

love-618238_1280

A様(30代・男性)

私は去年まで、スピリチュアルカウンセラーとして活動してきました。ですがリーディングやチャネリングをすることはできても、本当の意味でクライアントさんによりそい癒すためには、まず自分が自分を癒していなければ、より良いカウンセリングができないと感じていました。

普段の生活の中でもたまに襲ってくる、恐怖や怒りや悲しみや罪悪感、正体もわからないような空しさに、自分が寄り添って、もっともっと自由になりたいと思って、このインナーチャイルドセラピスト講座を受講しています。

講座を受講し始めてから半年くらい経って、少しづつですが、自分から湧き上がる感情を冷静に捉えて向き合うことができるようになってきていると感じています。そして同時に、チャイルドと出会って一つになっていくたびに、自分の振る舞いや周りの状況が変わっていることも感じています。

この講座を受講することで、少しづつ、でも確実に変わってゆく自分を体験できると思います!一緒にがんばっていきましょう!

【体験談】心へのいわば漢方療法・・・

love-1120294_1280
H様(30代・男性)より

 

インナーチャイルドワークを継続して受ける事は、心へのいわば漢方療法とも言えるような気がしました。

 

短時間で劇的なマジックを期待するような外科的な西洋的なアプローチではなく、自分自身を繰り返し見つめ直す事によっ て自分自身で自分自身の心の器を広げていく。

 

心の自己治癒力を高めるような療法、ワークではないかなぁと。

 

それは一朝一夕の変化ではありませんが、その一つ一つの丁寧で、時に苦しく地道なアプローチを重ねながら、アプローチ前の以前の自分の価値観を振り返ると、自分自身の根本がまるですっかりと入れ替わっている事に気づかされました。

 

自分の場合、光と闇、正義と悪、成功と失敗。。。目の前に起こる状況一つ一つに一喜一憂したり、どこか厳しくジャッジする自分がいました。

 

インナーチャイルドを通して自分自身を見つめていくときに、それらすべてがどちらも自分に「ある」事に気づき、それを受け入れる心のゆとりが自然とできるようになり、自 分を取り巻く世界は少しずつ少しずつ明るさと優しさ、平和を取り戻していくようでした。

 

だからとっても生きやすいんですね。

 

そして今後の人生を歩んでいく上での核というか芯がスッと確実に収まった感じです。

 

それらはもうどこかに行ってしまう事はないという、揺るぎない確信と共に。

 

インナーチャイルドワークは何か解りやすい心の問題を抱えた一部の特定の人にだけ必要な特別なアプローチなどではなく、全ての人にとって、、、本来の自分を知り、自分らしい人生を歩みたいと願う全ての人にとって大切なワークだと思います。

 

ですから、このインナーチャイルドとの和解の過程は人間として生きている間にずっと継続して続けていくものかもしれません。

 

これからも人生のあらゆるステージ、ステップに合わせて、インナーチャイルドとの関わりを大切にし、新たな自分探し、そこにある輝かしい光と深遠なる闇を自分のうちに探していきたいと思っています。

Sphiqueセッションレポート2〜とても気持ちも、体も、楽になっている

1回目

Hさま(30代/会社員)

※ご本人の許可を得て、公開しています。

| カウンセリング・・・今の状態を知りたい

川村法子(以下法):顔が二分されているのが面白い。外向きの自分を、クールな面とひょうきんな面で演出していますか?全体的には、とても繊細な感じが伝わって来るけれど、それは、あまり、外に出さないようにしているのでは?

Hさま(以下H):確かにそう。客観的で冷静な自分と、なんでも笑いに変えていくような、2面性を外に出している。繊細さがあっては、生きにくいと感じている。

法:繊細さを隠すための2面性だとしたら、それは、自分を苦しめてしまうかもしれない。繊細さは隠す必要はない。それは、あなたのとても大切なギフト。恐怖や不安が、腎臓にあるかも、それが、セクシャリティと無関係ではないように思う。

H:確かに、そうかもしれない。自覚している部分がある。

法:家族に対しての責任感みたいなものはありますか。何か、家族の秩序を自分が守っているような、自分が家族を助けなければみたいな、まるで、長男のような意識。

H:確かにある。でしゃばっている自分がいる。

法:それが、現実的に、すでに家族関係で、現れていると思う。そうしている自分の意識に気がつくと、そこがゆるまり、自分が楽になるはず。

H:とてもよくわかる。家族に対して、一生懸命がんばっている自分がいる。

法:背面にある足元の水色は、とても芸術的な印象をうける。家族の中で培われてきた芸術性。そして、背面の仙骨には、とても和風の美が、存在している。そんな自分がいるのがわかりますか。

H:確かに芸術的な活動が活発な家族。和の芸術にも造詣が深い。

法:それは、セクシャリティとも関わっているはず。恐れとは違う、自分の女性性の新たな可能性に意識を向けてみて。

H:とても楽しみ。

2回目

法:全面の両手に置かれた青は・・・手が、何か特別な癒しとつながっているような気がする。何か、手を使って、クリエイティブなことや、ヒーリングなどのワークをしていますか。

H:驚いている。今まさに、手を使ったワークをしようと勉強中。手は、私にとって、とても今テーマとなっている。レイキや、ボディワークなど、手を使った癒しのワークをやりたいと思っている。

法:いろいろな手法によって、癒しは可能だと思うけれど、あなたの場合は、手からの癒しがとても効果的なのだと思います。ぜひ、それを続けてみてください。今リーディングを終了して、どうですか。新たに、色を置いてみませんか。

H:(自分を縛っていた色を外し、新しい色を置く)こうしてみると、最初に置いたものは、とても堅苦しい気がする。今、新しく置いてみて、とても気持ちも、体も、楽になっている。

法:そうですね。顔も分断されることなく、とても、自然な女性的なコミュニケーションが可能な感じがしますね。お腹にも、安心感が伝わってくる。家族関係からも自由になって、また、受け継いできた芸術性が広がっていく感じ。持ち前の好奇心やユニークさをそのままに、より楽に生きられる感じ。

Sphiqueセッションレポート1〜ワクワクするほど楽しかった

Sさま(30代/女性/占星術師、アロマセラピスト)

※ご本人の許可を得て、公開しています。

| カウンセリング内容

やりたいことがあるけれど、あちこち広がりすぎて、カオスになっていると感じる。

川村法子(以下法):背面の赤と濃い赤(茶色)は、母親との関係、また、その縛り。腰から上の青は父親との関係。親から受け継いできた意識で、こうしなければならないというのがあり、自分のやりたいことがやれないでいる。何か、自分を裁く内なるジャッジメントはないでしょうか。母親との関係が鍵です。

Sさま(以下S):確かに母親の声が今だに内側にある。一つにしなさいという声、また、母親が仕事をしていて自分の道で生きていた人で、幼いころ、そんな母親をみていて、寂しい思いだった。だから、今でも、子どもと過ごしたいと思っているが、それが、自分のやりたいと思っていることや、仕事をする上での縛りになっている気がする。

法:カオスと表現したけれど、その意識はどこからきているのだろうか。全面の明るいカラーは、やりたいことや輝きにあふれていて、それは、決して、カオスという感じではない。むしろ、可能性にあふれている。

S:カオスという表現は、背面の意識が伝えている。頭部の黒は、最初置きたいと思ったけれど、それに抵抗して、置けなかった、あとから、置いてみてと言われて、置いた。

法:黒はとても大事な要素。何かのジャッジメント、内なるボスキャラがいるのでは?知恵、過去生から持ってきた意識の象徴でもある。その声は、決してなくならないが、そこにだけに力を与えるのではなく、その声のギフトを引き出すと、輝く可能性が広がる。

S:言っている意味がわかる。黒は鍵だと思う。知恵という言葉も、セッションを受けるとよく出てくる。だけど、まだ、少し抵抗もある。

法:黒を置くことを、助けてくれそうな別の色を置いてみて。

S:(水色を両肩に置く)安定した感じがする。

法:まるで羽が生えたように、すごくいい感じに見えるが。過去生から持ってきた知恵、占星術との関わりも、すごく良い方向に向かっていく気がする、それは、決してカルマという重たい言葉ではなく、今のギフトになるのでは。

S:そう感じる。

法:最初は置いていなかった、全面のお腹の部分、ここが、空白なのは、インナーチャイルドが置き去りにされているからだと感じるが。それによって、可能性のエネルギーが分断されている。

S:カラーを新たに置いてみて、エネルギーをつなげていきたい。(ピンクのカードおをお腹に置く)

法:背面の足元の母親との関係は、縛りや受け継いだもののように見えるが、反転すると、全面に現れているのは、美しい女性性の輝き。母親から受け継いだものは、決して良くないものだけではない。

S:母親には感謝の気持ちも深く持っている。どちらか一方ではなく、両方を認めて、自分の可能性を生きていきたい。

※ナンバーカードは、カラーカードセッション終了後に置いたもの。

 

| 本人による数秘解析

・61(背面頭)

背面の黒は、過去世、知恵、ボスキャラというイメージでしっくりきていたので

61をパッと見て感じたのは、

グループソウルの代表として、過去世のやり残し(占星術という知恵)をやりにきた

ある意味その責任と厳しいプレッシャーにも感じてしまった

けれど、「6」はファミリー、愛情の数でもあるので

ボスキャラをはじめ、見えない仲間が見守っているよ、というメッセージとしても

感じることができたので、そのイメージで受けとっておきます52(前面お腹)

・52

52で感じたイメージは、安定、協力することで(特にパートナーとの関係)

大きな変化が可能になる、というもの

また、もっと自由に自分の感性を表現していい、というもの

「5」のもつ変化や自由という外へ広がるイメージが強く感じられた61も52も足すと、「7」になる数字

そこから繋がるイメージは、そのテーマに取り組むことで

私自身が精神的に成長できる、というもの

・42(前面頭)

これまで表現してきたことを、安定させて次に繋げなさい

そういうイメージで受けとりました

唯一、偶数だけで構成される数字ですね

 

| Sさまのご感想

一言で言ってしまえば、ワクワクするほど楽しかった!

「カラーセラピー」と聞いて自分でイメージしていたものとはだいぶ違ったよ何よりも、身体の図にカラーを置いていくというのが良かった

前面、背面があることで解釈が広がりをもつのもとてもおもしろいよね

はじめ自由にカラーを置いていくその作業は、まるでお絵描きをしているような感覚で

普段、頭で考え過ぎてしまう私にとっては、余計なことを考えることなく、

ただ自分で感じる感覚に従ってやることができたので良かった

さらに、自分で置いて診断してもらって終了、ではなく

こうなっていったらいいよね、と導いてもらいながらその図と向き合い

新たな方向へと完成させていくその作業がまさにセラピー

ほんとうに多くの気づきを受けとったよ

「どこに何色をどんな感じで置いたか」ももちろんだけれど

これは、色を置かなかったばしょも重要なメッセージをくれるね!

私の場合、導いてもらって後から置いた、背面頭の黒と前面お腹のピンク

この2枚が、あれからまた大きなメッセージを届けてくれているよ

これは、無意識に受けとることを拒否していたギフトだったんだね

しかもね、その2つはセットになっている

前面のピンクは自分の創造性、感性とも繋がっているなあと感じたの

つまり、創造性を押し殺すことで、背面頭のボスキャラの声も聴きません

そんなイメージね 笑

だから、そこを空白にしてしまっていたけれど

いまこうして完成された図を、何度も眺めているうちに

ボスキャラや仲間の応援を受けながら

ピンク(マゼンタ?)のエネルギーをおもうぞんぶん出していけるのかも、と

そんな感じで、パワーをもらえたセッションでした!

実はセッション後すでに、たった数日だけれど

今までは、「まだ早いかな~、いつかタイミングが合った時に…」と

見送っていた事に、踏み出せたり

良い意味で、頑張らない方向で過ごせていたり

変化あったよ~

おもしろいね

私の場合、やっぱり後から置かれた

ボスキャラとお腹のピンクのエネルギーが入ったことで

導いてもらっているように感じます

ありがとね!!

とっても興味深く楽しいセッションでした

P8295969

いわゆるスピ迷子というか・・・現実とのギャップを埋められずにいました

Nさま(20代女性)より

先日はありがとうございました!(*^^*)

あれから海を少し見て、近くのカフェで昼食をとりつつ言われたことや感じたことをまとめて仕事へ向かいました。
何度も読み返し、実感を強めています。

素直に、大きな変化を感じています。
まだ数日しか経っていませんが、今までわからなかったこと
(何となく~まったく気づいていなかったこと)が顕在化するだけで、
こんなにも生きやすくなるものかととてもびっくりしています。

あと、カフェに入る辺りから頭が痛くなり、昨日まで続いていました。
きっと本当に大きくエネルギーが動いたのだと感じています。

”ソフィア” と ”カードヒーリング” から得たものは、今本当に必要なものでした。
特に、「本来の自分をを知ること」「生き急いでいた原因」ここにずっとつまずいていたので、
この二つを認識できたことで周りにあったモヤも連鎖して晴れていってるようです。

光が差し、さわやかな風とともに広がる青空と新緑の草原、
その中に続く一本の道が目の前に現れた、そんな感覚です…大げさでしょうか(笑)

ルールを守ることは向いてないと言われたときはショッキングでしたが(笑)、
薄々感づいていたことでもあったので、これから多角的にアプローチしつつ、
認めて、付き合いを深めていこうと思いました(=▽=;)

ソフィアで観てくださった ”大切にしてほしいところ” は、今まで中々共感を得れなかった部分でしたので、
ほんの少しでしたが、まじめに話したことも、認めて理解を示してもらえたことも、
初めてじゃないかってくらいで本当に嬉しくて、嬉しかったです。

本当にありがとうございます。

子供の頃の、純粋で、何もかもが輝いて見えるあの自由で素晴らしい感覚を、昔から失いたくないと思っていました。
でも大人にしか気づけない奇跡もあって、だから子供から大人へ変化するのではなく、
子供に大人を足していって、両方の幸せを感じることが出来るようになれればどんなに素晴らしいだろうと、
そう感じるようになっていました。

それを今回はっきりと自覚し、認めてもらえたこと、シェアしてもらえたことで 
「これでよかったんだ」 という感覚がじんわり出てきて、とてもやさしくて、安心しました。
そしてこれをを守ってきた自分自身に初めて感謝しました。
たくさんのいいところを教えていただいて、嬉しくて、自分のことを好きになりました。

こんな感情を持てるようになったのは、支えてくれているすべての存在と、
自分と、ほうこさんに出会えたおかげです。
ありがとうございます。

カードヒーリングで観てくださった家族関係も、性格や生き方が父とそっくりだとずっと思っていましたが、
まさか父そのものを生きていたなんてびっくりと言うか思いもよらない結果でした。
父を理解し、解放したからこそ、ソフィアで観た本来の自分を認めていくことができるのだと思います。
今はとてもシンプルで、すっきりした気持ちです。

この”勘違い”の解消は、私の人生の中でとても大きい変化になると感じています。

最後にほうこさんが「がんばったね、がんばった。」と声をかけてくれたときはあまり実感がありませんでしたが、
今はだんだんと、「あぁ、私頑張ったんだ」と、実感が湧いてきていて、言葉の意味を味わっています。
自身と父の二重の人生を歩むことは、きっと大変だったんだと思います。

解放してくださって、心から感謝します。
ありがとうございます。

今、卵巣の位置にある色は真っ赤な点ではなく、強さの抜けた、彩度の低い桃色になっている気がします。

お話の時間から得たものも多く、ほうこさんと過ごした数時間は私にとって大きな学びの時間となりました。
スピリチュアルの世界に入って、いわゆるスピ迷子というか、素晴らしい言葉や考え方を知識として手に入れることは出来るのですが、
実感が出来ないというか、ふわっとした理解で、現実とのギャップを埋められずにいました。

かゆいとこに手が届いた感覚、ギャップの溝を埋めるための足がかりをたくさんいただいて、目からウロコ状態です!
特に、「コントロールを手放す」「本当の気持ちに従う」の意味をわずかですが実感できたことで、
この先の選択の仕方が変わりそうな気がします。
「絵の道を進んできたときの感覚」という例えが、私にはとても解りやすかったです。

「自分にあるものがわかるようになった」 という、一見とても小さな変化の大きさを知り、体感することが出来てとても感謝しています。

ほうこさんが言っていたように、一皮むけた先にまた皮が現れるのだと思いますが、むくこと自体を楽しめそうな気がしてきました^^
色んな感情を含めて、とても ”面白かった” です!

それと私への「田舎で自然に囲まれて自由に絵を描いているイメージ」は、将来の夢のひとつだったので、
そんなイメージを持ってもらえて嬉しかったです(^^*)
これからは自分のために頑張りたいと思います。

長くなってしまいましたが、まだまだ感動を伝え切れていない気がします(笑)
今まで学んできたことも、このセッションもすべてが繋がっていて、生きていく素晴らしさに感動しています。

とても素晴らしく貴重な体験をさせていただけて本当にありがとうございました。

まだまだ自己探求、精進したいので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします***