カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

6/10(土)開催 はなひらく〜It’s flowering!歌い、踊る、喜びのひととき

lotus-614494_1280 のコピー

ベリーダンス、アフリカンミュージックとダンス、民族楽器と歌、演劇とコンテンポラリーダンス、ヴェーディック・チャンティング…etc

∞ 日時:6/10(土)開場 18:30 開始19:00 終了21:30

∞ 会場:横浜市栄区(JR根岸線本郷台駅徒歩すぐ)※お申し込みの方に詳細をおしらせします。

∞ 参加費:大人 3000/小学生以下 1000 ※お食事とお飲み物がつきます。

∞ 定員:40名(残席10/5.22現在)

∞ 申込締切:5月末日 ※お食事とお飲み物を手配しますので、お振り込み後のご返金はできませんことをご了承ください。

|はなひらく〜 It’s flowering!歌い、踊る、喜びのひととき

昨年スタートしたインナーチャイルドグループコースの第1期茅ヶ崎&新宿が、この5月でめでたく修了!

1年という時間は、長かったようであっという間で、今、参加者のみなさんから、グループの修了を寂しく感じているとゆうご報告をいただいています。

それだけ、コースを楽しんでくださったということなんでしょう!

私もスタッフも、心からの祝福と感謝の気持ちでいっぱいです。

そこで、この1年で、まさに《はなひらく》かのように、内側から輝きと現実の変化を魅せてくれたみなさんをお祝いしたいと、パーティを企画しました。

ベリーダンス、アフリカンダンスと太鼓、民族楽器と音楽、演劇、ヴェーディック・チャンティング…etc.

アーティストたちとともに、今まさに《はなひらく》命をお祝いしませんか❤️

歌と音楽、ダンスの喜びあふれるスペースに、ぜひあそびにいらしてください。

Pranava Life
川村イーシャ

民族楽器と歌 by プラカーシャ・シンガー ぷれま尚恵

民族楽器と歌 by プラカーシャシンガーぷれま尚恵

アフリカンミュージック&ダンス by アフリカン⭐︎マニマニ

アフリカンミュージック&ダンス by アフリカン⭐︎マニマニ

ヴェーディック・チャンティング by Tomomi

ヴェーディック・チャンティング by Tomomi

ベリーダンス by Kaya&Mari

ベリーダンス by Kaya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

∞∞プログラム∞∞

 

タイトル

カテゴリ アーティスト 解説
Mantra of JOY ヴェーディック・チャンティング Tomomi ヴェーディック・チャンティングとは、古代インドに伝わる最古の教典ヴェーダを詠唱することです。ヴェーダとはあらゆる哲学・宗教・学問などの根源となる知識であり、宇宙の起源から、成り立ち、法則、天文学的、医学的な知識など、ありとあらゆる智慧がそこにあり、その量は膨大で、空の智慧と称されています。人の手によって書かれたものではなく、紀元前より神の声として伝承されてきたその音はパワフルで、きいているとどこか懐かしさを覚えます。私たちの根源との繋がりをとりもどしてくれる、とても神聖で美しい祈りです。今回は、皆様と一緒に、「歓びのマントラ」を唱えたいと思います。みなさまのかけがえのないワンダーチャイルドに届きますように・・・
http://yoganaada.blogspot.jp/
アフリカン☆マニマニ〜ワンダーが止まらない〜 アフリカンミュージック&ダンス アフリカン☆マニマニ ジャンベ・ドゥンドゥンは西アフリカで最もポピュラーな楽器。ギニア・マリ・セネガルといった国で、結婚式やお祝い事、様々な行事で演奏されてきました。その太鼓の響きと一体となり、足の裏で大地を感じて踊るのがアフリカンダンスです。魂を揺さぶるアフリカのリズムをぜひ体で感じてください☆
発表間近! ベリーダンス kaya 発表間近!
ソウルインナーブルーム〜魂の内なる開花〜 民族楽器と歌 プラカーシャ・シンガー ぷれま尚恵 ネイティヴアメリカンドラムはハートビートドラムとも言われますが、まさに心臓の鼓動です。誰しももつ一人一人に内在している輝く光をプラカーシャといい、毎瞬、命の光を放ちながら鼓動しています。ドラムの音ともに即興で声をだし発光していきます。一緒にみなさんも声を出し満開の光の花を咲かせてみましょう。
衝撃場 演劇&コンテンポラリーダンス hitomi 時折ダンスをし、歌を唄い、自作のシナリオを表現したい衝動にかられます。ジャイアンがリサイタルをするキモチがとてもわかります。最高に快感な自分を、表現したい。この欲求がまた湧いてしまったある日、「自分のシナリオで歌と踊りで一人劇場をしたい」「今回は人の手を借りてやりたい」と口にしてしまった。人の手とは茅ヶ崎で共に学んだインチャイ仲間の手。それから数ヵ月…。衝動はおさまり、シナリオも浮かばなくなった。だけど「やってみたい」それだけは決まっていた。この一人劇場を小劇場とかけて「衝撃場」。先日、シナリオも浮かばなくなったまま「衝撃場」について仲間に相談する日がやってきた。するとちょっと自分の想像を越える展開へ。「自分」で言い出した企画に「自分」がついていけなくなりそうなその時、「自分の枠を越える」ことを自分でけしかけたのか!?と笑いが出てきた。私はどこにゆくのだろう、欲求を表現したいことだけは決まっている。
発表間近! ソロライブ ゆうこ 発表間近!

《お申し込み&お問い合わせ》
インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

5/15(月)Can’t Stop The Feeling! インチャイスペシャルワーク♡開催@横浜市栄区(JR根岸線/本郷台駅 )

♡Can’t Stop The Feeling(和訳) ―Justin Timberlake ♡

今、とってもうれしいことに、全国各地のインチャイチームメイトたちから「もう感じることが止められない♡」っていう気づきと解放の花火が、どんどん打ち上げられています。

一度スイッチが入ってしまえば、これから、インナーチャイルドワークはもちろん、どんなワークだって、どんな人生の出来事だって、出会いだって、あなたの内なる旅の糧にできるでしょう。

だけど、もしかしたら、その花火が打ち上がるまでは、迷ったり、傷ついたり、迷走することだってあるかもしれません。

そうであっても大丈夫、花火は確実に打ち上げられる準備が進んでいます。

花火を上げない魂なんてないんですもの♡

気づきの点と点が、導火線で結ばれる度に、花火があがる。

そうして、燃えあがった場所には、新しいスペースが生まれるんです。

その新しいスペースは、まさに、新しいあなたの人生の舞台です。

*Sちゃんからのご感想♡
「まるで新しい世界に来たみたいです。」

5/15に緊急開催される「インナーチャイルドスペシャルワーク」は、そんな花火を打ち上げるための、とても重要な役割をしてくれるでしょう。

私たちと一緒に、新しい世界へ飛躍しましょう♡

初めての方も大歓迎ですよ!

みなさんのご参加お待ちしています♡

イーシャ

feet-261750_1280

!Can’t Stop The Feeling!
♡インチャイスペシャルワーク♡

*日時 5/15(月)open 12:30/start 13:00/finish 19:00

*会場 詳細はお申し込みの方におしらせします。(JR根岸線 本郷台駅 徒歩)

*内容
体を動かすインナーチャイルドワークでが中心で、座学はほとんどありません。
考える、学ぶのではなく、感じる(Feel)がテーマです。
最後は、クンダリーニ瞑想で古いものを一掃して、新しい世界へ入るための心と体の準備をしましょう♡

*参加費
一般:4000
各地のインナーチャイルドコース参加者:特別設定のため、別途ご案内済み。

*お申し込み&お問い合わせ
icwork.info@gmail.com(インナーチャイルドコース事務局)

*こんな人におすすめです♡
• 自分を好きになれない
• 好きなことがわからない
• 恋愛やパートナーシップが長続きしない
• 人間関係でいつも苦悩を抱えてしまう
• 感情のアップダウンが激しく、他人に影響を受けやすい
• スピリチュアルな学びを続けてきたが、壁にぶち当たり、嫌になってしまった
• わかっているはずなのに、なぜかいつも葛藤を抱えている
• 現実的な変化がなかなか生じずに、足踏みしている
• セラピスト、ヒーラーをしているが、どんなクライアントにも対応できる器を育てたい

ファシリテーター:川村イーシャ
スクリーンショット 2017-01-28 15.52.43*こんな世界を体験できるかも♡
• 自分を受容できる、大好きになる
• 好きなことが見つかる、わかる、それを表現できる
• パートナーとの関係が良くなる
• 誰といてもリラックスして自分でいられて、自分を自由に表現できるようになる
• 自分の感情に繊細でありながらも、とても自然に安定した状態で居られる
• これまで知っていたことが、現実のものになる
• 頭で考えないでも、現実が心地よい方に動きだす
• 現実が望む方向に、または、想像もしてなかった良い方向に変化し出す
• ヒーラー、セラピストとしての仕事の質が上がり、対応できる領域が広がる


*【残席2】4/26(水)@コミュニティスクール・ここだね(逗子)「こころを感じるws~初めてのインナーチャイルド。基礎編」

*【満員御礼】第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

*全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

17353033_1266442260109309_1076742427_n

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

世界は自分が作っている

petals-1426604_640自分が見る世界、生きる世界は、自分が作っているというのは、一つの重要な真実だ。

だとして、そこに見えるのは、きれいな世界?

それとも、残念な世界?

きっと、そのどちらもあるはずだ。

前者だけしか見えないとするならば、それは、きっと、現実を見る勇気がなく、逃避しているにすぎないのだろう。

光溢れる世界とは、きれいごとの世界ではない。

都合の悪い世界、残念な出来事、そんなものを、ありのままにみることは、素敵な世界を見ることと同様に大切なことだ。

いつも見ていたいのは、そこに恐れがあるのかどうか。

ただそれだけだ。

その都合悪く、残念なものを、ありのままに見つめて、自分の感覚に正直にあり続け、それを、内側から表現できているのかどうか。

何かを遠ざけているとき、ないものにしたいとき、きっとその人は何かを恐れている。

だとしたら、その恐れこそが、その人の世界を曇らせているのだ。

そして、その恐れがあるとき、その人の世界は、どこまでも複雑に曇ってゆく。

正義を振りかざしているとき、人は大抵嫉妬しているってことが、その一つのたとえでもある。

嫉妬には気がつきたくないから、正義を防衛にしているのだ。

きれいごとを目指そうとする頭の中の雲を取り払って、健全な自我で、ありのままの表現を許していく。

だとして、嫉妬しているっていう事実に気がつけたら、きっとその人の世界は、もっともっとシンプルになるだろう。

スクリーンショット 2017-01-28 15.52.43そうやって、私たちは、どんどん自由になる。

そして、二元性の世界を超えて、ただ、ありのままの生がスタートする。

恐れや、苦しみは、ユーモアに変わり、愛が愛のまま、内側に広がっていく。

川村イーシャ


*4/15(土)午前インナーチャイルドイントロダクション@新宿(落合)

*【満員御礼】第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

*全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

17353033_1266442260109309_1076742427_n

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

まるで別の世界に来たみたいです。

sea-1993791_640

インナーチャイルドグループコースに参加中のSちゃんより、とっても素敵なご感想が届きました。

ここまで大きな体験を通過されたのも、これまで、たくさんのワークを通して、丁寧にご自身を見つめる目を育てていらしたからだと感じます。

インナーチャイルドワークでは、これまでの気づきの点が、一気に線でつながって、大きな変容を起こすことがあります。

より良く生きる方法論、思考論がたくさん出回っている昨今。

情報はたくさん持っているけれど、その方法論を自分の人生に落とし込めず、なかなか人生がうまくいかないという話もよく聞きます。

また、自分を見つめては来たつもりだけれど、なぜかいつも生きづらかったり、自分を見つめるってどういうことか、わからなかったり、そんなお話もよく伺います。

「知っているし、わかっている・・・だけど、なぜ・・・?」というような。

きっと、それはそれで必要なことが生じているのです。

だから、もし、本当に変化を起こしたいのなら、過去の自分を否定することなく、そのままでいいから、ぜひ、チャイルドの世界に足を踏み入れてみてください。

Sちゃんが体験されたような大きな変容が起こるときは、過去のすべての気づきの点と、それらを結んでいた線が一気に焼き尽くされるような、スパークが起こるんだと思います。

そうして、点と線という枠組みで仕切られていた内側のスペースが、一気に仕切りを外して、拡大していく。

Sちゃんの心が自由に飛び立っているのが、文章から伝わってきます。

Sちゃん、ブラボー!

一緒に、もっともっと、どこまでも、飛び立っていきましょうね❤️

イーシャより


S様(40代・女性)より

まるで別の世界に来たみたいです。
霧が晴れたように見るもの全てがリアルに感じられ、人生に深くかかわっている感じがします。

今だからわかることですが、今までの私は人生を「こなして」きた。
どうして生きなければならないのかわからず、でも生まれ出たからには生きなければならない。
これから先の長い長い人生を前にして、何もしなければあまりにも退屈すぎるので、ひまつぶし方法を考えては実行してきた感じです。

その場が乗り切れればいい。ただただ横滑り。
だから日常以外のものに目を向け、インパクトのあるものを選んで、違ったらまた次。。。
そんな繰り返しだった。

根無し草みたいでした。

そしていつもエネルギーが枯渇していました。
スマホのバッテリーが消耗し、本来の10%しか充電できなくなっているような。
その10%でフル回転して、すぐバッテリーがなくなり、疲弊して落ち込んで。

それが、ワークのあと胃腸炎になって、びっくりするくらいお腹のものが出て行ったあと、充電を妨げていた90%の要因がなくなったかのように、体じゅうにエネルギーがみなぎったんです!

一番変化が感じられたのは、日常生活でした。
いままでは冷蔵庫の中を確認せず、晩ごはんを作るのも面倒に感じながら義務のように買い物してご飯を作ってきたんです。
それが、お金を管理することに意識が向くようになり、メニューも冷蔵庫の食材を工夫して使うようになりました。

だんながお休みの日、ソファーでごろごろしながらテレビを見ている。私はとなりのキッチンで鼻歌歌いながら料理を作る。
ふと、「ああ、これが本当の人生と呼ぶべきものだ」と思ったんです。

いままで思ってきた「何か特別なこと」じゃなく、「日常」が人生だと感じたんです。
幸せが湧き上がってくるのを感じました。
お料理が楽しく感じたのは初めてかもしれません。
お料理好きの奥さんってこんな風に感じていたんだなぁー!ってやっとわかった気がします。

ワークで愛のルーツを辿ってもらえたことは大きなギフトでした。
私も愛を受け取れる道の上にいたのだと知って、暗闇にひとすじの光が差し込んだみたいでした。

「世話される子と世話する子」に出てきた「成長の3ステップ」で
最初のステップ「適切な世話(愛情・共感)を受ける」は満たされてこなかったと思ったけれど、
それを受け取ることができたのだと思います。

心にどっしりとした「生存の安全」を感じています。
それが日常の生活に根を降ろした要因だったのかなと思います。

すばらしいワークをほんとうにありがとう。


*4/15(土)午前インナーチャイルドイントロダクション@新宿(落合)

*【満員御礼】第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

*全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

17353033_1266442260109309_1076742427_n

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

愛の訂正

water-863053_1280

愛が、誤解されている。

人類の歴史において、私たちは、何度も何度も愛を誤解して来たのだから、今、ここでそれが生じているのも当然だろう。

愛について明確すぎるほど明確に書かれている現代人のための真実のバイブル「奇跡講座」では、その誤解されてきた愛を《訂正》して、本来の愛の場所に戻すのだと書かれてある。

《訂正》という言葉は、とてもわかりやすい。

・間違いは何もない

・傷ついたっていい

・恐れがあって当然だ

・または、恐れてなんかない

そんな理論があることを知っている。

私たちは完璧ではなし、いまここの自分を生きることが大切だ。

だけど、それらは、本来の愛の場所を見据えた上で、語られて初めて意味をなす。

本来の愛の場所を誤解したまま、見当違いの愛に沿っているとしたら、きっと、私たちは傷つき、恐れ、いつも人生に満足できないままだ。

貧しく、飢えていて、感情に飲まれ、マインドのおしゃべりが続き、いつもトラブルがあって、人生は思うようにはいかず、カオスのままだ。

そして、それは、私たちの「ありのままの姿」には程遠い。

間違いを《訂正》するとき、私たちは、間違いを裁くのではない。

ダメ出ししたり、それは悪だと烙印を押したりはしない。

ただ、本来の場所に、それをそっと戻すだけ。

その作業は、ほんのちょっとだけ立ち位置を変えるようなものだけれど、マインドという小さな檻の中に入っているときは、そのちょっとした変化すら想像もできないだろう。

そうなると自分ではなくなると思い込んでいて、到底無理だし、ありえないと諦めている。

だとしたら、それこそが、自我の防衛であると知る必要がある。

知ろうとしない、また、学ばないというのは、自我が本当のことを知りたくないともがいているにすぎないからだ。

まずは、自分のキャラクターを作り上げて、それを生きようとするのをやめてみたらいいと思う。

本来の私たちは、そんな自我が作り上げたキャラクターにすら収まりきれないほど無限の可能性を持っている。

だから、いつも自分を枠の中に縛らないで、フリーにしておきたいと思う。

いつでも、天井や壁を突き破れるように、スペースをもった上で、壁や天井を柔らかくしておきたい。

もしも、少しでも恐れがあるとしたら、それは、むしろ良い兆候だ。

なぜって、きっと、深い場所で、私たちは、何かが変わることに気がつき始めた証拠だから。

だからこそ、恐れの方向にこそダイブするのだ。

スクリーンショット 2017-01-28 15.52.43安心して欲しいのは、そっちの方向には、必ず、喜びが待っているってこと。

そこが終着点であり、また、どん底だと思っていた恐れにダイブできたなら、私たちは、もっともっと自由になる。

だって、恐れは、やっぱり幻想で、愛の手前にあるものだから。

そこまで行き着いたら、もう愛は目の前にあるんだから。

川村イーシャ

 

*【残席わずか】4月スタート!第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

*3月の日程〜インナーチャイルド・オンライン・イントロダクションby Zoom

*全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

17353033_1266442260109309_1076742427_n

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

痛みの中核

hands-407388_1280
グループワークや個人セッションで最も大切なことは、私たちが「痛みの中核」に触れられるかどうかということだ。

実のところ、「それはいつ可能なのか?」また「どうすればいいのか?」は、こちらが図れることではない。

この道を信じて歩みを止めなければ、ある時突然「痛みの中核」に触れて、大きな防衛が解かれる瞬間が、誰にでもやってくる。

それは、まるで、ダイナマイトで岩山に穴を開けるような、トンネル開通工事だ。

工事が完了されなくては、ワークは本当の意味で効果があったとは言えないだろう。

それも、その時の自分の選択なのだから、工事を中座して、結果、さらに迷い道に入ることも、間違いではない。

迷うことすら自分に許そう。

だけどもわかっていたいのは、私たちがいまこの瞬間、本当に喜んでいないなら、そして、愛の循環の中に生きていないなら、やはり、自分の人生をドライブする「痛みの中核」に気がついてはいないということだ。

「痛みの中核」に触れるまで、人は、ぐるぐると、その周辺を迷い続ける。

まるで、それ以上の答えはないかのように。

自分の目的地は、迷い歩きながら、踏み荒らされ乾いた土地であるかのように。

そして、彼は「私の土地は、これ以上何も生み出さない」と言ってうつむき、その乾いた土を、悔しさで握りしめる。

だから、セラピストは、自分の気づきと体験、生き方をもってして、そこが、決して、彼の目的地ではないことを伝える必要がある。

乾いた大地を潤し、種をまき、育て、実りを収穫するのは、彼自身だ。

「不毛な土地を不毛なままにする必要はない」と伝えるのが、セラピストの役目だ。

そのために、私は、自分の枯れた土地を涙で潤し続ける。

あきらめずに、土地を耕す。

「ここで根を下ろせば、うまくやってけるだろう」という自我の声に耳は貸さず、私は歩み続ける。

それが、私自身の喜びにつながり、さらに、誰かの幸せが花開くことを知っているから。

ワンネスという言葉が示すように、私と世界は同じなのだから、私は、自分が喜んで生きることを、徹底して追求し続ける。

スクリーンショット 2017-01-28 15.52.43誰かが私を古臭い修行系と呼ぶだろうか(笑)。

私は、堂々と答えたい。

歩み続けることは、喜びの道だっていうことを。

喜びながら、愛を生きるために、私は、これからも、自分の「痛みの中核」に手を伸ばし続けよう。

 

川村イーシャ

 

*【残席わずか】4月スタート!第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

*3月の日程〜インナーチャイルド・オンライン・イントロダクションby Zoom

*3月スタート全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

自分を尊重する事によって、不思議と周りからも そう扱われる・・・

flower-574653_1280
昨年からグループコースに参加中のNさん。

彼女の体験とその奇跡は、まさに、インナーチャイルドワークの醍醐味を示してくているかのよう!

たくさんの気づきや涙が、一体なぜ、どんな風に、こんなにも変化を起こしてきたんだろう・・・?

彼女がグループでそう声に出してくれる旅に、みんなが「ほんとに!」と、口を揃えたくなるほど、私たちの気持ちを代弁してくれています。

確かに、インナーチャイルドワークで起こる変化は、目に見えない心とエネルギーの世界との連携によってなされるため、マインドでそれを理解しようとしても、全てを説明することはできません。

だけども、もつれ合った毛糸玉を想像してみてください。

もう絶対にほどけないかもしれない・・・と思いながらも、一生懸命解いていると、あるとき、全部がスルスルとほどけていく・・・そんなイメージ。

一つの頑なな信念は、私たちの心と体を、あらゆる方向にがんじがらめにしていて、それによって、さらに別の信念が生じ、さらに事態は複雑になっています。

だけど、何か一つを解くと、そこから、徐々にそれ以外のこともほどけてくるのです。

Nさんの旅も、そんな風に、なぜ!?どうして!?という、驚きと喜びにあふれた、素晴らしい変化の旅でした。

おめでとう、Nさん❤️

残りのクラスも楽しみましょうね!(イーシャ)


Nさま(女性・30代)より

インチャイのグループコースに参加し、自分の育ってきた環境の中での色々な傷を、チャイルド達に出逢いながら和解し癒せたことで、十数年不和が続いていた夫婦生活が一変しました。

ただただ自分でも驚いています。

チャイルドを癒したり、色々な仕組みを知ることで 自分の見つめ方を知り、自分の意識が変わることで、夫婦関係だけでなく自分を取り巻く環境も一変していきました。

受講する前の自分自身の在り方も、仕事に追われていたり、日々の雑用や家事・育児、妻として嫁として。。。いつも義務感に縛られた毎日の中で、無意識に不満だけが溜まり、いつもストレスでいっぱいだったように思います。

母として妻や嫁として、現実の立場は何一つ変わっていませんが、自分の義務を手放していくことで、これだけ自分の世界観が変わり、毎日充実した日々を過ごしながら、自分の人生を歩いてるって実感できるようになるまでに至りました。

そして、自分が自分を大事に扱うようになり、自分を尊重する事によって、不思議と周りからも そう扱われるようになってきました。

インチャイを通して、私の人生そのものが変わり、私の人生の大きなターニングポイントとなった気がします。

自分の見つめ方が分かるようになったので、これからも より深く自分と向き合っていこうと思っています。


〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews*3月スタート全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

*3月の日程〜インナーチャイルド・オンライン・イントロダクションby Zoom

*4月スタート!第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。
!第3期新宿開催決定!

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

僕のプリンセス

snow-white-933491_640
オンライン個人コースを受講中のKさんから、素敵なメッセージが届きました。
3回目のセッションで出会った彼のチャイルドは、小さなプリンセスでした(男性だからといって、チャイルドが男の子であるとは限りません。女性にも同じことが言えます。)。
だけど、その可愛らしいプリンセスは、泣いていました。
Kさんが「どうしたの?」と声をかけると、彼女は「自分が大嫌いなんだ」と言います。
Kさんが、そんなプリンセスを救いにきた王子様となって、彼女とハートでコミュニケーションをしていくうちに、彼女は笑顔になって、自分への愛を取り戻していきました。
そのプロセスは、ここには言葉で書き表せないくらい尊いものでした。
そんな小さなプリンセスは、Kさんの中の女性性の象徴。
そして、そのすぐ後に届いたKさんからのメッセージには、プリンセスとの和解の輝きがたくさんつまっていました。
Kさん、ありがとうございました。
これからのKさんの道のりが、ますます楽しみですね❤️(イーシャ)


K様(男性・30代)より

先日はセッションありがとうございました。
先日のセッションはとても深い浄化が起きたようです。

あの反応は普通ではなかったですからね。
手の痺れは今思うと電磁気的な何かが取り巻いていたような感じでした。

ところで、セッションの日の夜に早速肯定的な変化が起こりました。
僕はこの2年間くらいずっと気になっている女性がいました。
といっても恋愛的な意味ではなく、見ていると単純に気にかかる心配になるという感じだったのです。
というのもその子もまた幼少期の心の傷を抱えたまま生きており、
それが今現在の人生に大きな負の影響を与えているのが明らかだったからです。

僕はその女性の力になりたいとずっと思っていたのですが全くうまく行きませんでした。

ですが、セッションの日の夜に、その女性に僕は「君に幸せになってほしい、もっと愛されることを自分に認めてあげて欲しい。僕は君の力にはなれないけど心から幸せになって欲しいと思う」と伝えました。

それでその女性がどう思ったかは分かりませんが、自分の気持ちをようやく相手に伝えることが出来た気がします。
その女性はその後少し僕に心を許してくれた気がします。

その女性は今月、現在の職場を離れてしまいますが、その前に自分の気持ちを伝えられて本当に良かったと思います。
先日のセッションがこの変化を引き起こしたと言えると思います。
本当にありがとうございました。

そして、一つ気がついたのは僕はどうやら女性が僕に心を許し近づいてくることに恐怖を感じているようです。
僕は女性と仲良くしたいと表面的には思っているようですが、心の深い部分ではそれを許せていないようです。

この恐怖心を手放していくことが、これから一つの課題として浮かび上がってきたと思います。
これからのセッションでそのあたりも少しづつ解消されていくかもしれませんね。

もうしばらくお世話になりますが宜しくお願い致します。


〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews*3月スタート全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

*3月の日程〜インナーチャイルド・オンライン・イントロダクションby Zoom

*4月スタート!第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。
!第3期新宿開催決定!

icyokohama

children-828216_1280

ic_shinjuku

 

 

 

Love is…(愛は…)

bmeditation-1794292_640何気なくインスタグラムを見ていたら、大好きなアーティストがCMに出ていて、彼が一言、「Love is education」(愛は教育だ)と語りかけていた。

真意はわからないのだけれど、後進国に生まれて、十分な教育を受けられない子どもたちへのメッセージのように感じられた。

Love is education.

愛は教育。

確かに、そうだ。

教育を受けることで、子どもたちの未来の可能性は広がっていく。

自分にとって、何が正しくて、何が間違っているのか、理解しながら、人生を選択できるようになる。

教育を受ける機会がなければ、私たちは、もはや意味をなさないような家族や文化の慣習に、溺れていってしまうだろう。

ある例え話がある。


洞窟の中に、奴隷たちが住んでいた。真っ暗な洞窟で、彼らは、ずっと壁を見続けて過ごさなければならず、後ろを振り向くことは許されていなかった。何年も何年もそうして過ごしていたある日、一人の奴隷が、洞窟にどこからともなく差し込む光に気がづいた。よくよく見てみると、光が壁にあたり、そこにはうごめく人影も見えた。奴隷は、恐る恐る後ろを振り返った。すると、そこには出口があった。驚いて出口へと急ぐと、そこには、待ち望んでいた自由の世界があった。奴隷は、仲間を助けようと、洞窟に戻って言った。「早くここから出よう!後ろを見てごらん、出口があるんだ!自由の世界が広がっているんだ!」すると、仲間の奴隷たちは、一斉に、彼が嘘をついていると咎めた。「そんなことがあるはずはない!」「ここから出られるはずがない!」「自由の世界などない!」そして、出口を見つけた友人を殺してしまった。


自由は、奴隷たちにとって、決して輝くものではなく、恐ろしいものだ。

今まで一度も自由だったことがないのに、どうやって、自由を生きろというのだろう。

仮に、差し込む光に気がついたとしても、長年、暗い洞窟で過ごしてきた奴隷にとって、立ち上がって出口に向かうのは容易ではない。

大きな勇気が必要だろう。

仮に、勇気を出して出口へ向かったとしても、そこから先を、生きていけるとは限らない。

だとすれば、確約されない未来にかけるより、暗い洞窟の中でしゃがみこんでいた方がいい。

そうすれば、自由ではないが、かろうじて生きてはいけるだろう。

そんな奴隷たちの声が、洞窟の深い闇の中から、聞こえてくる。

スクリーンショット 2017-01-28 15.52.43だから、教育が必要だ。

何が自分に起こっているのか、物事を明らかに認識するための教育が。

人生は、誰かに決められるものではなく、自分で選んでいるのだと理解するための教育が。

どうすれば、未来をよりよく、豊かに、喜びにあふれたものに作っていけるのかという教育が。

そして、自分が生まれた意味、ミッション、本当の自分を生きるための教育が。

複雑化してしまった社会の中では、もはや、愛は、形を変えて受け継がれてしまっている。

コントロールと服従、依存、中毒、低い自己価値、恥や屈辱感、罪悪感が、間違って「愛」として親から子へと渡されてきて、それらは、あたかも当然の権利のように、私たちの内側に居場所を持ってしまっている。

そして、それがあまりにも痛苦しいために、多くの人は、感覚を麻痺させて、それを感じないようにする。

その結果

恐れているのに、平気な顔をする。

怒っているのに、悲しくなる。

悲しいのに、笑ってみせる。

インナーチャイルドワークは、そんな感覚の麻痺と愛の勘違いを、一つ一つ明らかにしていく作業だ。

あまりにも複雑化しすぎて、心を忘れてしまった現代社会では、愛とは、もはや、そのまま認識されることはまれで、心の教育を通じて、ようやく私たちに認識され、受け渡される。

多くの人が、このワークを体験して、驚き、涙し、素晴らしい変化を遂げてゆく姿を見るたびに、ますますワークの重要性を実感する今日この頃。

Love is education.

愛は教育だって、大声を出したい私がいる。

川村イーシャ

〜もっとシンプルに、魂の望みに沿って生きたい人のための〜
川村イーシャの公式メールマガジン《プラナヴァ・ライフ通信》
PranavaLifeNews*3月スタート全4回オンライン講座「お金とチャクラとインナーチャイルド」

*3月の日程〜インナーチャイルド・オンライン・イントロダクションby Zoom

*4月スタート!第3期インナーチャイルドグループコース@東村山

taiken
お申し込み&お問い合わせ

インナーチャイルドコース事務局専用アドレスまでお申し込みください。

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

 

 

平日朝&夜開催!オンラインイントロダクション by Zoom

川村イーシャと学ぶオンラインイントロダクション by Zoom
intro
◾︎日時
午前クラス:3月13日(月)& 30日(木)10:00-11:30(1.5h)
夜クラス:3月24日(金)21:30-23:00(1.5h)
※ 23日(木)の午前クラスが、30日(木)に変更になりました。
◾︎参加費:3,500(初回)/ 2,000(再受講)
◾︎ファシリテーター:川村イーシャ

イントロダクションは、インナーチャイルドワークで使う17の用語と10の大切な在り方についての講義で、あなたの人生の舵をとる無意識の世界を旅するための最初の地図です。

1度のイントロダクションを受けただけで、望んでいた仕事が見つかったなど、驚くほど現実が動きだすという方も珍しくはありません。

スクリーンショット 2017-01-28 15.52.43すでに心の世界の旅を開始されている方はもちろん、初めての方も大歓迎です。

気軽に参加できるオンラインで、まずは、あなた自身に優しく寄り添う方法を習得してみましょう。

川村イーシャ

《重要》
直前のお申し込みの方は、冊子テキストの到着が当日までに間に合わない可能性がありますので、データ版テキストをお送りします。各自プリントアウトするなどして、当日までにご準備ください。

《Zoomについて》
・インターネットにつながるPC、スマートフォン、タブレット(iPhone、iPad、アンドロイド)をご用意ください。初回のみZoomのインストールが必要です。
・事務局より、講義開催前にZoomのインストールとアクセス用URLをお送りします。

◾︎申し込み&お問い合わせ
インナーチャイルドコース事務局アドレスまで。

|これまでにいただいたご報告

《育児に関すること》
*子どもへの愛情が増した
*子どもを抱きしめられるようになった
*子どもの癇癪がなくなった
*子どもアトピーが改善した
*自閉症の子どもとコミュニケーションが取れるようになった
*言葉数の少なかった子が、上手に話せるようになった
*不登校だった子どもが、自分の意志で学校へ行くようになった
*伏せがちだった子どもが笑顔を取り戻し、友達と遊べるようになった
*子どもが、自分のやりたいことを見つけられて、ハツラツとしだした

《パートナーシップに関すること》
*深く信頼できるパートナーと巡り合えた
*パートナーとのセックスレスが解消した
*パートナーと本音で語り合うことができるようになり、関係が深まった
*女性としてとても美しく輝いていると言われるようになった
*心身ともに不調を抱えていたパートナーが元気になってきた
*相手への愛情を自然と表現できるようになった
*パートナーとの諍いがあったけれど、いつものように喧嘩ごしではなくて、とても自然に自分の気持ちを伝えられて、関係性がとても良くなった
*離婚に踏み切ることができた

《仕事・お金に関すること》
*収入が増えた
*お金への不安がなくなった
*無駄遣いがなくなった
*本当にやりたいことが見つかった
*必要なお金が舞い込んできた
*職場での人間関係がとても良くなった
*仕事のことで悩んで講座に参加したが、講座を受けた直後に自分がやりたかった仕事のオファーがあって、望んでいた職につけた

《家族に関すること》
*母親の共依存的行為に自然に反応しなくなって、心が穏やかになった
*かつてだったら気を病んでいたような家族内のトラブルに対して、とても自然な自分でいられて、全てが順調に解決した
*心の距離を感じていた家族と距離が縮まった

《健康に関すること》
*便秘症、頭痛、腹痛、腰痛、アトピーが改善した
*食べ物がとても美味しく感じられるようになった
*どこにいても、ぐっすりと眠れるようになった
*アルコール、タバコが必要なくなった
*自分が食べたいもの、体が望む食べ物がわかるようになった

《その他》
*望みが叶う体質になってきた
*自分を堂々と表現できるようになった
*自分が本当に着たいと思える服を着れるようになった
*相手の話を聴くことができるようになった
*他人の気持ちを考えて、パニックになってしまうことがあったけれど、とても冷静でいられるようになった
*いつも自分を責めていて生きることが苦しかったが、心がすっきりと晴れて、とても生きやすくなった
*自分がなにを感じているのか敏感にわかり、自然に表現できるようになった
*以前だったら深刻な事態だと思っていたようなことが、とてもシンプルに感じられて、苦しむことがすくなくなった*問題だと思っていたことが、少なくなって、生きやすくなった

【こんな人におすすめです】
• 自分を好きになれない
• 好きなことがわからない
• 恋愛やパートナーシップが長続きしない
• 人間関係でいつも苦悩を抱えてしまう
• 感情のアップダウンが激しく、他人に影響を受けやすい
• スピリチュアルな学びを続けてきたが、壁にぶち当たり、嫌になってしまった
• わかっているはずなのに、なぜかいつも葛藤を抱えている
• 現実的な変化がなかなか生じずに、足踏みしている
• セラピスト、ヒーラーをしているが、どんなクライアントにも対応できる器を育てたい

icwork2

横浜・新宿・オンラインコースはオープンクラスですので、1回からの参加が可能です。

icyokohama